近くのアコム店舗・ATM一覧と利用方法(全国詳細版)

アコムの店舗・ATM・むじんくん

店舗名

営業時間

店舗数

備考

自動契約機(むじんくん)

9:00〜21:00

365日

947店舗

年末年始除く

有人店舗

9:30〜18:00

平日のみ

4店舗

土日祝休み

自社ATM

24時間

365日

939台

内835台が24時間稼働

※2022年1月現在の店舗数
※一部店舗については営業時間が異なります

アコムの店舗・自動契約機(むじんくん)の特徴と契約のすすめ方

アコムは大手カードローン会社の中で自動契約機の設置台数が最も多く、駅前や幹線道路沿いなど使いやすい場所にあります。

 

アコムと他社の自動契約機の台数比較
アコム 947台
プロミス 876台
アイフル 854台

※2021年4月現在

 

自動契約機台数の多さにくわえ24時間使える専用ATMも9割の店舗に設置されているので、店舗の場所さえ覚えておけばいつでもお金を借りられます。

アコムの店舗

 

自動契約機(むじんくん)での契約の流れ

アコムむじんくんの使い方

自動契約機(むじんくん)で申し込む場合の手続きの流れは以下の通りです。

  1. スマホやパソコンから申し込み手続きを始める
  2. 必要事項を入力し書類を提出する
  3. 備え付けの電話でオペレーターからの確認を受ける
  4. 審査開始→審査結果が伝えられる(最短30分)
  5. 契約書類の内容を確認し、記入して提出する
  6. カード発行
  7. 併設されているアコムATMで借り入れする

ネットで先に申し込みを済ませておくと自動契約機(むじんくん)での所要時間は最短5分で済みます。(申し込み画面の途中で「カードを自動契約機で受け取る」を選択してください)

 

なお、申し込みを店舗で行うと審査が終わるまでブースの中で待ちます。

 

営業時間は21時までなので、急いでる方でも困りません。

 

詳しい使い方はアコムの自動契約機(むじんくん)の使い方は?借り入れまでの流れと店舗を写真で解説も参考にしてください。

 

アコムのカードを使ってATMでお金を借りる手順

アコム専用ATM

契約が済んだあと自動契約機から出てきたカードは、同じ店舗内にあるアコムATMを使ってすぐにお金を借りられます。

 

アコムATMでお金を借りるときの手順は次の通りです。

  1. ATMにカードを入れる
  2. 暗証番号(4桁)を入力する
  3. <ご融資>を選択する
  4. 借入金額と「円」を入力する
  5. 明細書、カード、紙幣を受け取る

コンビニなどの提携ATMを利用するときも同様の流れとなります。

有人店舗での契約の流れ

アコムの有人店舗

 

以前は全国に22店舗あった店頭窓口の数は、2020年3月31日で18店舗が閉鎖したため2021年11月現在で4店舗となっています。

 

現在あるアコムの店舗窓口は、東京都1店舗(西新宿支店)、神奈川県1店舗(川崎駅前支店)、大阪府2店舗(天王寺支店梅田支店)です。

 

店頭窓口で申し込む場合の手続きの流れは以下の通りです。

  1. 店頭窓口に出向く
  2. 申込書に記入し必要書類とともに提出する
  3. 備え付けの電話でオペレーターからの確認を受ける
  4. 審査開始→審査結果が伝えられる
  5. 契約書類の内容を確認し、記入して提出する
  6. カード発行
  7. 併設されているアコムATMで借り入れする

アコムの店舗窓口を利用できるのは、ごく限られた方のみとなってしまいました。

 

しかし、近くにお住まいの方や勤務先のある方などは利用できますので、特に初めてで不安な方は窓口で相談しながら手続きをすることができます。

 

アコムの店頭窓口でもカードを発行することができますが、自動契約機(むじんくん)と比べて営業時間が短く、平日9:30〜18:00、土・日・祝日は休業日なので利用する時間には注意しましょう。

 

ちなみに、閉鎖された18の店頭窓口は、現在も自動契約機(むじんくん)設置店として営業を継続しています。

 

申し込みに必要な書類は免許証のみ

ネットから申し込んだあとにアコムの店舗へ行くときは以下の書類をお持ちください。

必要な書類

  • 運転免許証
  • 運転免許証をお持ちでなければ個人番号カードやパスポート

いずれも顔写真が入っているので本人確認書類として提出できます。

自動契約機(むじんくん)・店舗を使わないなら銀行振込

ネット申し込みと振込融資を併用すれば、店舗へ行かなくてもアコムからお金を借りられます。

 

振込融資は24時間365日受け付けていて、土・日・祝日でも自分の銀行口座に振り込んでくれます。

 

以下の時間内なら当日中の振り込みも可能です。

楽天銀行 24時間365日
三菱UFJ、ゆうちょ、三井住友、みずほ 平日24時間、休日20時まで
モアタイム 他金融機関※地銀など 平日17時30分まで、休日不可
その他の銀行 平日14時まで、休日不可

 

アコムの借り方はおもに2つありますので、近くに店舗はあるか?申し込みの時間は間に合うか?などによって使い分けるのが良いでしょう。

自動契約機(むじんくん) 銀行振込
土日でも即日融資可能。アコムカードは自動契約機まで取りに行く必要あり ネット申し込みで誰にも会わずに契約が完了する。銀行によっては翌営業日の振り込みになる

 

\ アルバイトでも申込可能 /

今すぐお申し込み

申込み入力は15分あれば完了です

自動契約機(むじんくん)のメリット・デメリット

メリットとデメリット

アコムの有人店舗は数が少ないので、実際に申し込みで使う時は自動契約機(むじんくん)になることがほとんどです。

 

対面で話さないと不安な方もいるとは思いますが、自動契約機でもアコムのオペレーターとリアルタイムで話せるため安心です。

 

そこでアコムの自動契約機(むじんくん)のメリットとデメリットを紹介します。

むじんくん

 

自動契約機(むじんくん)のブースに入ったら大きなモニターが付いた機械があり、それが店員と同じ働きをしてくれます。

 

機械だと本当にやってくれているのかと心配になる人も多いですが、他のカードローンと同じように画面の入力内容も遠隔からチェックされていますし、スキャンした書類もリアルタイムで確認されています。

 

インターホンで質問される場合がりますが店員さんがいるお店となんら変わりありません。

メリット
  • 相手が生の人間ではないので少し気楽
  • 筆記用具も用意されている
  • 契約と同時にドアをロックしますという案内が出て自動的に鍵がかかるので誰かが入ってくる心配がない
  • 扉のガラスはくもりガラスになっているので、外から顔は見えない
  • 契約・カード発行が済んだら併設のアコムATMですぐにお金を借りられる

はじめて入る方にとっては緊張する空間ですがすぐに慣れます。

 

デメリットは機械なので融通がきかない点が挙げられます。

デメリット
  • 質問が多くて少し面倒
  • 書類は機械が読み込めるようにしっかりとスキャンさせなくてはならない
  • 先客がいると待たされる

店舗内の滞在時間を減らしたい方はネットから申し込みを済ませておきましょう。

アコムの審査時間は9時から21時まで

アコムへの申し込みは、インターネットや電話からであれば24時間いつでも、自動契約機(むじんくん)なら9時〜21時までとなっているため、余裕をもって手続きできます。

 

しかし、これはあくまでも「申し込みができる時間帯」であって、審査を受けられる時間ではありません。

 

アコムの審査対応時間は9時〜21時です。

 

審査から契約が終わるまで1時間程かかることを考え、遅くても20時までには申し込みを済ませましょう。

 

特に、平日の夜間、土日、GWといった大型連休前などは申込者が多く審査が混み合いますので、20時では審査が間に合わない可能性もあります。

アコムへの返済方法

アコムから借りたお金は期日までに最低限決められている金額の返済を行うことが必要です。

 

ここでは代表的な4つの返済方法を説明します。

 

専用ATM

アコムの店舗や自動契約機などに設置されているATMを利用します。

 

アコム専用ATMは手数料が必要ないため、決められた金額の返済以外に費用が発生することはありません。

 

アコムATMで返済をするときの手順は次の通りです。

  1. ATMにカードを入れる
  2. 暗証番号を入力する
  3. <ご返済>を選択する
  4. 現金を現金投入口に入れ「読取」を押す
  5. 金額が正しければ「確認」を押す
  6. 明細書とカードを受け取る

 

出来るだけ早く返済するほうがお得

アコムの場合、利息の計算が日割り計算となっているため、借りてから返済するまでの期間が延びれば延びるほど利息が増えていくことになります。

 

例えば金利18%で5万円を借りてアコムで返済するまでに1日、1週間後、1ヶ月後を比べた場合、1日で返済すれば利息は24円程度で済みますが、1週間では172円程度、1ヶ月では739円程度の利息が発生することになります。

 

もし1年経てば実に9,000円もの利息が発生することになるため、完済するのが早いほど無駄な利息の支払いをしなくてすむことになります。

 

コンビニや銀行の提携ATM

コンビニや銀行などアコムと提携している金融機関のATMを利用します。

 

コンビニのATMであれば24時間365日利用可能なので、時間や場所に困るということはないでしょう。

 

注意点としては提携ATMの場合は利用するごとにATM手数料が必要となり、1万円以下で110円、1万円超えで220円の手数料の支払いが必要です。

 

アコムへ直接振込み

アコムの指定銀行口座へ振込をします。

 

近くの金融機関を利用したり、出かける時間がないのでネットバンキングを利用したりなど、そのときの状況に合わせて返済できます。

 

振込手数料は別途必要です。

 

口座からの引き落とし

毎月決められた日(毎月6日)に自動的に最低支払金額が引き落とされます。

 

口座引き落としを利用すれば返済忘れの防止になりますし、自動的に引き落とされるためATMに行く手間も省けます。

 

返し忘れの恐れがある人や、返済の手間を減らしたい人は口座引き落としを利用すると便利でしょう。

 

延滞や遅延には注意をしましょう

アコムからお金を借りて延滞などをした場合、その情報は信用情報機関に必ず記録されます。

 

この信用情報機関へ延滞などの記録が残ることは、最悪の場合事故情報として扱われブラックリストとして扱われる可能性も出てきます。

 

単に返し忘れていた場合にはすぐにアコムに連絡をし、すぐに対処することで信用情報に傷が付くことを防げます。

 

しかし意図的に遅延や延滞を繰り返している場合や、アコムに連絡もしないまま延滞を続ける行為はアコムの利用はおろか他のローンでもお金を借りられなくなります。

アコムの店舗についてよくある質問

店舗で返済はできますか?

自動契約機(むじんくん)は約9割の店舗にATMを設置しており返済が可能です。

 

有人店舗でも返済可能ですが全国に4店舗しかありません。

 

アコムの店舗一覧【都道府県】をご覧ください。

全国の都道府県に店舗はありますか?

すべての都道府県にあります。

 

少ない県では3店舗、もっとも多い東京都は100店舗です。

土日でも申し込みできますか?

自動契約機(むじんくん)なら年末年始を除き年中無休で営業しています。

 

審査も平日と同じ最短30分で行われます。

 

詳しくは土日祝に借りたい時はにて土日の在籍確認も含めて解説しています。

申し込み中に人が入ってきませんか?

自動契約機(むじんくん)の操作中は「契約中」のランプが点灯し自動的にロックされるので心配いりません。

 

自動契約機(むじんくん)のメリット・デメリットも参考にしてください。

店舗とネットはどちらが早いですか?

ネットで申し込みを済ませてからカード受け取りを自動契約機(むじんくん)にするのが一番早いです。

 

最短30分で審査は終わりますし、店舗ではカード発行のみとなるため時間の短縮になります。

 

店舗が近くにない方はネット申し込みと振り込みでお金借りられます。

 

監修者:滝口誠

ファイナンシャル・プランニング技能士(3級) / 日本証券外務員一種 / 日本証券外務員内部管理責任者

アコムの店舗・ATMに関する記事一覧