近くのアコム店舗・むじんくんを探しましょう!見つからない場合は振込融資も可能です

むじんくんで新規申込みも可能ですが、ネットから申し込んでおいてカード発行などの手続きだけむじんくんで行えば時間短縮できます。

店舗名

基本営業時間

店舗数

備考

むじんくん

8:00〜22:00

365日

1,000店舗以上

年末年始を除く

有人店舗

9:30〜18:00

平日のみ

22店舗

土日祝日は休み

自社ATM

24時間

365日

1,000ヶ所以上

98%が24時間稼働

一部店舗については営業時間が異なりますので必ず確認して下さい
※2017年12月現在の数字です

アコム都道府県店舗一覧

北海道 北海道
東北 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東 栃木 茨城 群馬 千葉 埼玉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 愛知 岐阜 静岡
近畿 京都 大阪 三重 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国 岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国 徳島 愛媛 香川 高知
九州 福岡 熊本 長崎 佐賀 宮崎 大分 鹿児島
沖縄 沖縄

店舗・むじんくんはネットで事前申込みすると手続き最短5分!

アコム公式サイトへ

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータ)

アコムの必要書類
融資に必要な書類はこちら

CHECK

アコムの店舗やむじんくんを利用してスピーディに借りたい方
店舗・むじんくんを利用する前にアコムのインターネットから申し込みを済ませておくと、スピーディに事務処理が済んで即日審査・融資(即日融資は14時までに審査完了と書類提出が条件)が可能です。

新規契約の方へ。なぜアコムの店舗が選ばれるのか?

アコムは大手カードローン会社の中でも無人契約機の設置台数がNo.1!

アコム 1,024台
プロミス 996台
アイフル 878台

※アコム・プロミスは2018年2月現在、アイフルは2017年12月現在の数字です
これからアコムを契約される方、特にお急ぎの方にとって店舗数が多いのは大きなメリットです。

 

特にアコムのむじんくんの場合は専用ATMの併設率が98%以上にも及ぶので、場所を覚えておくだけで借入や返済も自由自在。

 

利用しやすい場所にあり、操作も簡単。だからこそ1,000万人以上の利用者数を誇るのです。

 

前述にあったように、先にネットで申し込みと審査を済ませておきカードの発行手続きだけをむじんくんで行うことも可能。お昼休みの空いた時間に申込だけ済ませておけばその後の流れがスムーズになります!

土日祝にお申し込みする時は

土日祝に急ぎでお金を借りたいと言った時はアコムのむじんくんが便利です。

 

むじんくんは自動契約機の愛称となっており、年末年始以外は年中無休で8時から22時まで営業しているのが特徴です。

 

土日祝でも営業しておりむじんくんからお申し込みする事が可能です。本人確認書類を持参し、近くのむじんくんに来店、ガイダンスに従ってお申し込みを開始します。

 

操作が分からない時はオペレーターに質問する事が可能です。

 

むじんくん内でもアコムの審査が受けられ、審査完了次第その場でカードが発行されます。むじんくんの多くでATMが併設されており、受け取りしたカードを利用してその場でお金を借りる事が可能です。

 

ATMの営業時間は24時間となっており、お仕事などで忙しくて平日では時間が無いと言う方でも大丈夫です。ATMが併設されていなくても、コンビニ提携ATMの利用が可能です。

POINT提携ATMを利用すると所定の利用手数料がかかります。

 

1万円以下の取引で108円、1万円超の取引で216円とそれ程大きな負担ではありません。アコムATMなら利用手数料は無料です。

気になる土日祝の在籍確認は

むじんくんからお申し込みしても通常通り勤務先への在籍確認の電話連絡が実施されます。

 

土日祝で勤務先が休みだと在籍確認が取れない事がありますが、そんな時でもアコムでは代替え措置を用意しています。

 

土日祝にお申し込みする時は在籍確認について相談してみて下さい。在籍確認は9時から21時までの時間に実施されますので、あまり遅くなり過ぎると間に合わないです。

むじんくんのメリット・デメリット

実際にアコムの店舗と言っても数が少ないので、無人契約機「むじんくん」を使うことがほとんどです。そこでアコムのむじんくんのメリットどデメリットを紹介します。

アコムむじんくん

むじんくんのブースに入ったら自動契約機がありそれが店員さんと同じ働きをしてくれます。

 

機械だと本当にやってくれているのかと心配になる人も多いですが他のカードローンと同じように画面の入力内容も遠隔からチェックされていますしスキャンした見積りもリアルタイムで確認されています。

 

インターホンで質問される場合がりますが店員さんがいるお店となんら変わりありません。

メリット
  • 相手が生の人間ではないので少し気楽かも
  • 契約と同時にドアをロックしますという案内が出て自動的に鍵がかかるので誰かが入ってくる心配がない
  • 扉のガラスはくもりガラスになっているので、外から顔は見えない
  • 契約・カード発行が済んだら併設のアコムATMですぐに借り入れができる

はじめて入る方としては緊張する空間ですが、すぐに慣れてしまうと思います。逆にデメリットはやはり機械なので融通がきかない点があります。

デメリット
  • 意外と質問が多くおしゃべりが多くて少し面倒
  • 書類は機械が読み込めるようにしっかりとスキャンさせなくてはならない
  • 先客がいると待たされる

しかしむじんくんのデメリットも事前にネットで申し込みだけ済ませておけば、あとはカードを受け取るだけになるので滞在時間を最短5分まで短縮できます。

最短ルートは実はスマホ申込み

むじんくんでのデメリットを回避するためにはインターネットで申し込むのがお申し込みから借入まで一番近道です。

 

インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンがあれば自宅からでも外出先からでも大丈夫ですので、仕事の合間に…ということも可能です。。

 

以下は振込融資についての解説ですが、むじんくんに行く前にネットで申込みだけ済ませておくとむじんくんでの所要時間は最短5分で済むので大変便利です。(申込画面の途中でむじんくんで契約する旨を選択できます)

アコムへの返済について

アコムを利用した場合には必ず借りたお金の返済義務が生じます。そのため返済期日までに最低限決められている金額の返済を行うことが必要となります。

 

その場合の返済方法に関しては様々な返済方法が選べるようになっており、自分のライフスタイルに合わせた返済が可能となります。基本的な返済方法としては専用ATMでの返済、窓口での返済、提携ATMでの返済、振込みでの返済があり、それ以外にも消費者金融では珍しくアコムの場合は口座引き落としでの返済方法も選べます。

専用ATMでの返済

アコムの店舗や無人契約機などに設置されているATMを利用して返済を行う方法となります。

 

専用ATMの場合は基本的には24時間いつでも利用可能なため自分の都合の良い時間帯に返済を行うことが出来ます。その場合には専用ATMであればATM手数料が必要ないため、決められた金額の返済以外には費用が発生することはありません。

 

そのため無駄を省き自由な返済が可能になります。ただし専用ATMが設置されている場所は決まっているので、近所に専用ATMが無い場合には返済するためにATMを探していく必要があります。

提携ATMでの返済

アコムと提携している金融機関のATMを利用して返済する方法で、この場合は多くの金融機関が提携しているため街中や金融機関に設置されているATMでの返済が可能となります。

 

コンビニのATMも提携ATMですので、それを入れると非常に多いATMの利用が可能になりますので、近くに専用ATMが無い場合でも問題なく返済を行うことができます。

 

コンビニのATMであれば24時間365日利用可能ですので、返済に困るということは無いでしょう。

注意点としては提携ATMの場合は利用するごとにATM手数料が必要となり、1万円以下で108円、1万円以上で216円の手数料の支払いが必要となります。そのため提携ATMでの返済を繰り返すとその度に手数料の支払いが必要となるため注意が必要です。

店舗窓口での返済は有人店舗での返済となるため、近くに有人店舗があれば営業時間中であればいつでも返済が可能ですし、店舗での返済に関しては手数料の支払いも必要ありません。

ただアコムの場合、有人店舗は全国に39店舗しかありませんので、店舗での返済が可能な人は限られてくるのが現状です

振込みでの返済

アコムの指定銀行口座へ返済を行う方法ですので、ネットバンキングなどを利用している人は利用しやすい返済方法です。

 

もちろん金融機関からアコムの指定口座に振り込みも可能ですので、近くに金融機関がある場合や、出かける時間がないのでネットバンキングで返済をする場合には便利でしょう。この場合、振込み手数料が別途必要になるため、その点だけは頭に入れておく必要があります。

口座引き落としでの返済(便利!)

毎月決められた日(毎月6日)に自動的に最低支払い金額が引き落とされる形での返済となります。口座引き落としを利用する場合には返済のし忘れを防止することも出来ますし、自動的に引き落としで返済できるためわざわざATMなどに行く手間も省けます。

 

そのため忙しくて返済し忘れの恐れがある人や、忘れっぽい人、出来るだけ返済の手間を減らしたい人は口座引き落としを利用すると便利でしょう。

返済する場合は出来るだけ早く返済するほうがお得

アコムを利用した場合には出来るだけ借りた金額を早めに返済するほうがよりお得にアコムを利用できます。アコムの場合、利息の計算が日割り計算となっているため、借りてから返済するまでの期間が延びれば延びるほど利息が増えていくことになります。

例えば金利18%で5万円を借りて1日で返済、1週間後に返済、1ヶ月後に返済を比べた場合、1日で返済すれば利息は24円程度で済みますが、1週間では172円程度、1ヶ月では739円程度の利息が発生することになります。

 

もし1年経てば実に9,000円もの利息が発生することになるため、返済して完済するのが早ければ早いほど無駄な利息の支払いをしなくてすむことになります。

延滞や遅延には注意をしましょう

アコムのカードローンを利用して返済を延滞や遅延した場合、その情報は信用情報機関に必ず記録されることになります。

 

この信用情報機関へ延滞などの記録が残ることは、最悪の場合事故情報として扱われブラックリストとして扱われる可能性も出てきます。

 

単に返済をし忘れていた場合にはすぐにアコムに連絡をして速やかに返済を行うことで信用情報に傷が付くことは回避できます。

 

しかし意図的に遅延や延滞を繰り返している場合や、アコムに連絡もしないまま延滞を続ける行為は、自分で自分の首を絞めることになりますし、ブラックリストとして扱われてしまうとアコムの利用はおろか、他のローンの利用も一切出来なくなります。

 

そのため返済は決められた期日を必ず守ることが重要ですし、それが出来ないのであればアコムを利用することはやめたほうが良いでしょう。借りるということは必ず返済の義務が付いて回るということを理解することが必要です。

今から借りられます!3つの方法

14時までにアコムで審査完了

平日14時までなら
来店不要で今日中に振込!最短1時間
14時までに審査と必要書類提出が済めば今日中にコンビニ・銀行ATMで出金。間に合わなければ明日9時振込

アコム即日融資

平日14時〜21時の間なら
カード受け取り後に即日融資
ネット申込み後、お近くのアコムでカードを受け取って併設ATMですぐ出金

アコム土日即日融資

平日21時以降・土日祝なら
翌営業日9時以降にすぐ出金
ネット事前申し込みでアコム翌営業日9時以降にお金を借りられます

 

店舗・むじんくんはネットで事前申込みすると手続き最短5分!

アコム公式サイトへ

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータ)

関連記事一覧

アコムのむじんくんは、キャッシングの申し込みからキャッシングカードの発行までを行うことができる無人の個室です。むじんくん...

以下の店舗は一時的にお取り扱いを休止いたします。休止期間中はむじんくん、ATMの利用が出来ません。お近くの店舗、またはネ...