社員とアルバイトでの差はありませんが職業では差があったりします

アコムなどのカードローン申し込み時には職場の情報・雇用形態などを入力します。

 

基本的に重視するのは職業内容ではなく収入です。但し仕事の内容によっては必然的に不利になってしまう場合もあるのです。

雇用形態が問題になることは原則的にありません

アルバイトやパートの場合、会社員や公務員と比べるとどうしてもそれだけで不利になってしまうと思ってしまいがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

 

それは審査を通過する為に重要なのは職業よりも年収だからです。

 

アルバイトやパートの場合はどうしても会社員などの定期収入のある職業と比べてそれが低いことが多い為、結果的に審査で厳しくなってしまうのです。

 

またアルバイトなどの場合、職場を転々としている人も多いので、勤続年数が短いことも理由になるケースがあります。

 

フリーターでもフルタイムでシフトに入っているような人は、会社員並の収入があることも珍しくありません。そして長年同じ職場に勤務していると、リーダー格のような立場になっていることも多いです。

 

そういったケースでは会社員でも新入社員の場合より審査に通過しやすい場合さえあります。

 

審査ではこのように直接職業を問題にするのではなく、あくまで安定して返済できる収入があるかどうかに基準を置いているのです。

公務員は例外的に最強

例外として絶対的に審査に通過しやすい職業というものが存在します。それは公務員です。

 

給与水準から言うと大手企業の会社員の方が収入が高いことが多いですが、民間企業にはどうしても倒産などのリスクがあります。これはどんなに大きい会社でも同様で、誰もが聞いたことのあるような有名企業でも平気で吸収や合併を行う世の中です。

 

更に会社自体は何も問題なくても、その人がクビになってしまう可能性も排除できません。

 

その点公務員には倒産などが一切ありません。クビになることも原則的にない為、収入の安定性という面ではこれ以上ない職業なのです。

 

カードローンを含む各種ローンの世界では、公務員は神様だと言ってもいいくらいの存在だと言われています。その為、多少条件的に厳しいと思われる場合でも総量規制などの法的な問題にさえ引っ掛からなければ、大抵の融資は通ってしまうのです。

ローンの世界では有利な扱いの公務員ですが、審査でその実力以上に評価されることが多い為つい余計な借り入れや契約を行ってしまうことも少なくありません。

 

例えば年収が600万円の場合その1/3の200万円までの借り入れが可能ですが、会社員ではそこまでの借り入れはまず行えません。それは年収額は600万円でも、実際の手取りとなる所得額は500万円程度になるからです。

 

借り入れを行ったお金には必ず金利が発生します。200万円の借り入れを行うと月々の金利が約2万5千円は掛かります。これだけでも実際に返済を行うのは難しいと分かりますがこれに更に住居が賃貸物件だった場合、その家賃も毎月支払う必要があります。

 

この家賃が毎月10万円掛かるような場合、現実的には200万円どころか100万円の借り入れが精一杯になると思ってください。

 

ですが職業が公務員だと、このようなケースでも平気で200万円の借り入れが行えてしまう場合があるのです。もちろん融資を行う側も返済が厳しいのは分かっている訳ですが平気で貸してしまいます。

 

それだけ公務員はローンの審査では有利な職業なのです。

そのような本来の返済能力を超えた借り入れを行ってしまったことが原因で、債務整理をすることになってしまう場合も少なくないのが公務員という職業です。

 

公務員の場合、本来の実力以上に評価されているということを分かった上でローン契約を結ぶことが大切です。

水商売のケースでは

決してその職業自体が原因という訳ではありませんが、水商売はカードローンの審査に通過しにくいと言えるかも知れません。

 

水商売の人は既に他から何らかの借り入れを行っている場合が多いからです。そしてすぐに店を辞めたり他の店に移るようなことも他の職業と比べて多いので、収入の安定性という面でも審査では厳しくなってしまいます。

 

カードローンの審査では、今までの膨大な融資経験を大事な判断要素にしています。その経験からも、水商売の人に対して他の商売より厳しくなっている可能性があります。

 

このように、職業自体が問題という訳ではありませんがその収入の安定性や他の借り入れの有無、そして今までの経験も含めておのずと厳しくなってしまう職業も存在するのです。

自営業の場合は?

自営業の人の場合まず問題になるのは収入面ですが、その職業を始めてからどれくらい年数が経過しているかという点も重要です。

 

長年続いている場合はそれなりに安定していると考えることができますが、逆に短い場合はいつ廃業してしまうか分からないからです。

 

自営業は給与所得がある人と比べるとカードローンの審査では不利になることが多いのでが、継続年数次第ではそれほど厳しいという訳でもありません。

 

しかしまだ開業から1年や2年といった場合を考えると、きちんと毎月それなりの収入があるアルバイトの人の方が有利なことも少なくありません。それだけカードローンやローンの利用は自営業者にとっては厳しいのかも知れません。

今から借りられます!3つの方法

14時までにアコムで審査完了

平日14時までなら
来店不要で今日中に振込!最短1時間
14時までに審査と必要書類提出が済めば今日中にコンビニ・銀行ATMで出金。間に合わなければ明日9時振込

アコム即日融資

平日14時〜21時の間なら
カード受け取り後に即日融資
ネット申込み後、お近くのアコムでカードを受け取って併設ATMですぐ出金

アコム土日即日融資

平日21時以降・土日祝なら
翌営業日9時以降にすぐ出金
ネット事前申し込みでアコム翌営業日9時以降にお金を借りられます

 

店舗・むじんくんはネットで事前申込みすると手続き最短5分!

アコム公式サイトへ

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータ)