3927人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

2019年〜2020年の年末年始アコムの営業時間は曜日の関係で例年より長めです

  • 例年と違い12月30日(月)〜1月1日(水)の審査を行いますが、最短30分ではなく場合によっては後ろ倒しになったり、1月2日以降になる可能性があります
  • 自動契約機(むじんくん)は1月2日から利用可能なため混雑が予想されます。先にネットで申し込み・審査をしておけばスムーズに借入できます
  • 振込融資はアコムの審査さえ通れば、年末年始も関係なく可能です(一部金融機関を除く)

アコムはもともと土日でも融資が可能なため、年末年始も最小限の休みしか取りません。

 

店舗窓口こそ期間中は休業しますが、ATMや自動契約機はほぼ平日通りの営業を行います。

 

しかし、年始の営業時間は2日と3日が18時までとなっていますので注意しましょう。

ネット 自動契約機(むじんくん) 店舗窓口
28(土)

24時間

8:00〜22:00

休業

29(日)
30(月)
31(火)

休業

1(水)
2(木) 8:00〜18:00
3(金)
4(土)  8:00〜22:00
5(日) 9:30〜18:00
アコム専用の併設ATMは基本24時間ですが、店舗により営業日・営業時間が異なります。

 

年末年始は大変込み合うので新規契約を検討中の方は早めの申込がおすすめです!

 

混雑が予想される日

種類 混雑予想日 理由
審査 12/28・29 年末の資金準備で借りる方が増える
自動契約機 12/30 年内最終の営業日
アコム店舗 1/6 新年初日。今回は休みが長いので来店者が増える予想
銀行窓口 12/30 年内最終日
ATM 12/30 テナント型は大晦日に休みになる可能性がある
※当サイト調べ

 

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

3927人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

お申し込みはこちら

申込みにかかる時間は10分弱!

 

それぞれの申込方法による年末年始の営業は以下の通りです。

インターネット

インターネットによる申し込みは、年末年始でも通常通り24時間受け付けています。

 

急ぎの場合にはこれらの方法で申し込みをし、審査を通過した後に自動契約機からアコムカードを受け取ると、すぐにカードローンを利用できます。

自動契約機(むじんくん)

12月30日22:00までの営業。12月31日大晦日と1月1日元旦は休業となります。

 

即日融資を希望する場合いつもより早めの申し込みが必要です。

 

普段より利用者が多くなることが予想されます。

 

これにより普段の審査より時間がかかる可能性があるので、余裕をもって申し込みを行ってください。

アコムの店頭窓口

アコムは全国に有人の店頭窓口がありますが、2019年は12月27日までが18時まで(店舗によっては19時まで)の通常営業で、28日から翌2020年の1月5日までの9日間が休業です。

 

この9日間は完全な休業となる為、店舗で直接返済を行っている方はご注意ください。

 

ただしATMが併設されている店舗の場合はそのATMコーナーはこの限りではありません。

ATM

アコムのATMは店舗の併設されている場合と、自動契約機と一緒に設置されている場合がありますが、どちらも年末年始も休まず営業します。

振込融資について

現在はモアタイムといって全国500以上の銀行で24時間365日の振り込みが可能ですが、アコムは土・日・祝日に振り込みできる銀行が決まっています。

 

年末年始のスケジュールに当日中の振り込みを当てはめると以下のようになります。

日付 楽天銀行

三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行

その他の

銀行

12/28( 12/30 9:00以降
12/29( 12/30 9:00以降
12/30(月)
12/31(火)
1/1( 1/2 9:00以降
1/2(木)
1/3(金)
1/4( 1/6 9:00以降
1/5( 1/6 9:00以降
※昼間の9:00〜17:29に振り込みした場合です

返済がある方は特に注意!

年末年始休業の期間中に、返済日がある場合は注意してください。

 

本来はこのアコムの店頭窓口が休業中の12月28日〜翌1月5日までの間に返済日があった場合、全て翌1月6日扱いになります。

 

該当する方には前回の返済日の際に、”次回の返済日のご案内”という形で明細票などによってその旨が伝えられていると思います。

 

上記の通り、12月28日〜翌1月5日の間もATMが営業を行っているので、この期間中でも返済は行えますが返済自体は1月6日付です。

 

例えば本来は30日が返済日だった場合、それが翌1月6日になることで、普段より7日分の金利が今回の返済に限っては余計に請求されることなります。

 

返済金額によっては千円単位で返済するべき金額が増えることになるので、いつも通りの金額の返済を行わないように気を付けてください。

 

もし返済金額が不足していると、遅延という扱いにされてしまいます。

次回はその分が返済金額より減ります

この期間中に返済日があったことで翌1月6日になってしまった場合、この返済に限っては余計な金利まで支払う必要があります。

 

ただし、この分は次回の返済時には差し引かれるので、この金利の分だけ損をしてしまうということはありません。

 

金利は1日単位で計算されているので、いつもなら30日分の金利を支払っているところが37日分になった場合、次回は22日分になるということです。

アコム年末年始まとめ

  • 店頭窓口を除いては、年末年始であろうとほぼ平常通りの営業となっています
  • 年末年始の期間中に申し込みを行う場合は、他社の営業状況からいつもより審査に時間が掛かることが予想されます
  • 1月6日にはアコムのATMは、とても混雑することが予想されます
  • 2019年12月31日と元旦のお申し込みについては、2020年1月2日(木)以降に順次審査回答となる場合があります
  • 店舗により営業日・営業時間が異なります
ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

3927人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

お申し込みはこちら

申込みにかかる時間は10分弱!

モアタイムとは24時間365日振込可能な銀行ネットワークです

モアタイム主要参加銀行(2018年10月9日時点)

【都市銀行(計4行)】
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

 

【その他銀行(計9行)】
ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行、 イオン銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行

 

【地方銀行(計60行)】
横浜銀行、福岡銀行、千葉銀行、スルガ銀行、常陽銀行、大垣共立銀行、池田泉州銀行、ほか53行

 

【信託銀行(計3行)】
三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、オリックス銀行

 

【第二地方銀行(計29行)、信用金庫(計260行)、信用組合(計139行)】

500以上の銀行が参加しているので、ほぼ全て対応していると考えて差し支えありません。