4153人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

アコムのスピーディーな申込方法について

昔はネット申し込みというと時間のかかるイメージもありましたが、今ではアコムの自動契約機(むじんくん)で申込んでも、インターネットから申込んでも時間は変わりません。

 

審査は最短30分、申し込みから実際に借り入れできるまでにかかる時間は1時間前後というところです。

 

担当者と相談しながら契約したい場合には、アコムの有人店舗という方法もあります。

 

しかし自動契約機(むじんくん)にも備え付けの電話がありますし、インターネットでもチャットサービスでリアルタイムに返答してくれるようになりました。

即日融資でスピード重視ならネットと自動契約機(むじんくん)の組み合わせが最速

特に融資までをスピード重視でお考えならインターネットで申し込んでおいて、自動契約機(むじんくん)で契約+カード自動発行してもらうという方法です。
アコム最速の借り方
これだと審査結果が出るまでの待ち時間が省略できますし、仮に審査落ちした場合でも無駄足を踏まずに済みます。

 

そんなことできるの?と思ってしまいますが、ネット申し込み時に「カードを自動契約機で受け取る」という選択ができます。

アコムカード発行口

そうすることでネットで審査や諸手続きを済ませ、振込ではなく自分でカードを受け取りに行き、そのカードを使ってアコムATMまたはコンビニなどの提携ATMで借りることができるのです。

アコムとの契約が完了すると

自動契約機(むじんくん)でカードを受け取って併設してあるATMからお金を引き出せます。
アコムATM
もちろん、カードを使わずに借りることも可能で、その場合には契約完了後に会員専用ページもしくは電話で振り込み依頼をします。

通常は平日17:30までには契約を完了させ振り込み依頼をすれば当日中に振り込まれます。

時間に間に合わなかった場合には翌営業日対応となりますので注意が必要です。

またアコムの場合には振込先が三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・楽天銀行の場合には、ほぼ24時間対応可能です。

アコムで確実に借りるために3秒診断も試してみましょう

どうせ申込むのなら何とか審査に通りたいものです。

 

特に、店頭や自動契約機まで出向いたのに審査に落ちたりすると無駄足を踏むことにもなりますしね。

 

このようなことを避けるために、アコム公式ページで3秒診断というお試し診断があります。

 

アコムの公式ホームページで利用でき

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借入金額

の3項目を入力するだけで融資可能かどうか目安を教えてくれます。

 

実際に利用すると3秒ほどで

  • 融資可能と思われます
  • お客様のご入力情報ではお借り入れ可能か判断できません

のいずれかが表示され、いずれの場合も申込画面が表示されます。

 

あくまでも目安ではありますが、審査を受けるための基本的な条件が揃っているかを知ることが出来ます。

アコムは銀行グループ傘下なので安心

アコムのグループ会社
これからアコムでお金を借りようとしている方には、アコムのスピードが魅力でもあり、反対に初めて借りる不安もあるかと思います。

 

しかし今やアコムも国内有数の銀行グループである三菱UFJフィナンシャル・グループの一社です。

 

サラ金時代には、大手消費者金融の一角として大成長を遂げたアコムでしたが、サラ金問題が社会問題化すると貸金業法が改正され一気に経営難に陥ることになります。

 

いわゆるグレーゾーン金利の過払い金返還請求の急増から資金不足状態となり、遂に自力での再建をあきらめ三菱UFJ銀行グループ傘下となりました。

三菱UFJ銀行グループで更に安定しているアコム

最大手銀行の資金力を背景に一時の経営難を脱すると、折しも銀行の個人向けローン商品への参入というタイミングも重なり、三菱UFJ銀行グループの個人向けローン商品の中核として存在感を発揮することとなりました。

 

今では、数あるカードローン商品の中でも有数の利便性の高い商品として存在感を発揮し、これまでのアコム利用者数は述べ100万人を超えています。

インターネットの進歩で不動の地位に

サラ金時代には、申し込みといえば店舗というのが常識でしたが、借金で人と対面というのは恥ずかしいということもあり、女性の場合などにはそれが原因で申込みを躊躇する方が多くいました。

 

この問題解決に登場したのが、アコムの自動契約機(むじんくん)です。

 

テレビCMでも有名になりましたが一世を風靡することになり、自動契約機(むじんくん)の登場で消費者金融業界はアコムを筆頭に転換期を迎えました。

 

このように時代とともにアコムという会社も変化し、申し込む側の利用方法も大きく変わりましたが、そのたびにアコムは進歩してきているのです。

アコムのデメリットとは

まず、金利が銀行カードローンと比べると高く感じることがあります。

 

ですが、銀行カードローンもよく見ると限りなくアコムなどの金利に近いものも多いのです。

 

見るポイントは金利ですが、この金利の表示には幅があって、最低金利は1.7%〜などというものもあります。

 

例えそのような低金利表示をしていても実際に初めて借りるときには最高金利が適用されるのが普通。

 

これまで取引実績もなければ、数百万円の借り入れでもない限り低金利で貸してしまえば銀行側の利益も少ないからです。

 

また、総量規制の適用を受けますので年収に比例して借り入れ上限の制限があります。(年収の3分の1までしか借りられない)

 

専業主婦の方についても「安定した収入」がないので借り入れできません。

 

ATMの利用についても、自社ATMについては手数料無料ですが、提携先ATMの利用については取引手数料がかかります。

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

4153人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

お申し込みはこちら

申込みにかかる時間は10分弱!