4153人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

知人間での貸し借りはトラブルの元!返済が1日でも遅れた瞬間にお互いが不信感を持ち始めます

友人や職場の人からお金を貸して欲しいと頼まれたり、逆に自分から頼むようなことはありませんか?

 

このような個人間でのお金の貸し借りは、トラブルの元になってしまう可能性があります。

 

数千円単位の場合でも、できればそのような貸し借りは行わないに限ります。

 

ある程度まとまったお金になれば尚更です。

「必ず返す!」は常套句です

個人間でのお金を貸し借りでよく聞くのが、「必ず返す!」というセリフですが、これは当たり前のことです。

 

借りる側はすぐには返せないと分かっている場合でも、まさか「返せるか分からない」とは言えないでしょう。

 

また、そのようなことを言われて貸す人はいません。

 

この「必ず返す!」ほど信用できないセリフはありません。どのように頼んでこようと、返さない人は返しません。

 

お金を借りる時に「必ず返す!」を強調する人ほど信用できないと思ってください。

 

貸し渋っていると「これだけ頼んでいるのに」などと、お金を貸さないことをまるでケチのように言われることがあるかも知れませんが、これは全くの見当違いです。

 

簡単に人にお金を貸して欲しいなどと言ってくる方が常識を外れているのです。

 

”親しい仲にも礼儀あり”と言います。親しい仲であるほどお金の貸し借りは行わないに限ります。

 

これによってそれ以降の関係がギクシャクしてしまったり、それまでの関係が崩れてしまうことも珍しくないと言えます。

必ず返済日を決めましょう

それでもどうしても貸さなくてはいけないケースでは、必ずいつまでに返すという取り決めを行っておきましょう。

 

できれば簡単なもので構わないので、書面で残しておくことが大切です。その日の日付、お互いの名前、借りた金額、返済する日を紙に借りる側に書いてもらえば、無いよりは安心だと言えます。

 

知っている仲でこのような借用書を作成するのも難だと思われるかも知れませんが、個人間でのお金の貸し借りは、本来はどのような仲であっても行うべきではありません。

 

そこを曲げて行う訳なので、こういったことはしっかりとしておくべきです。

法的に有効な借用書の書き方
上記のような簡単なものは、あくまで返すことが前提の覚書といった程度の扱いです。

 

もし相手が返さない、知らないなどと主張してきた場合に、法的な有効性がありません。

 

返してくれるか分からないような人の場合、できれば法的にも有効な借用書を作成しておきたいところです。

 

借用書は正式には「金銭消費貸借契約書」といい、以下の形式で作成することで、法的に有効になります。

 

ここでは例として、佐藤太郎さんが貸主、田中花子さんが借主の場合で、10万円を貸した場合を記載してみます。

 

------------------------------------
”金銭消費貸借契約書”

 

貸主(甲) 氏名:佐藤太郎 住所:東京都○○区○○町1丁目2番地 (押印)
借主(乙) 氏名:田中花子 住所:埼玉県○○市大字○○100番地 (押印)

 

甲は乙に対して、金○万円を平成○年○月○日に貸与し、甲は確かにこれを受領した。

 

返済期限は平成○年○月○日とし、当日までに乙は甲に対して手渡し、または銀行口座への振込で行う。振込の場合は当日までに確認が行える状態にすることとする。

 

作成日:平成○年○月○日
------------------------------------

このような形式で作成してください。返済方法まできちんと記載するところがポイントです。

 

更に厳格な書き方もありますが、これだけの項目が揃っていて押印もされていれば、充分に法的に有効となります。

借用書があっても返済が行われない場合

正式な借用書があるにも関わらず、返済が行われなかった場合には、法的手段に訴えることができます。

 

60万円以下の場合は、簡易裁判所で少額訴訟を起こすことができます。これは1日だけで終わる裁判で、費用も5,000円程度で済みます。

 

この判決を受けた後で、給与や銀行口座の差し押さえといった強制執行の流れになりますが、できれば個人間の貸し借りでここまではやりたくないものです。

 

しかし、借用書を書いた時点で、もしもの場合は強制執行も可能だと伝えておくと、返済される可能性が高くなるかも知れません。

トラブルの元だと認識しておきましょう
個人間でトラブルになる原因で一番多いのが、このお金の貸し借りだと言われています。

 

本当にどうしてもの場合を除いては、行うべきではないと言えるでしょう。

 

例え100円や200円といった小銭であっても、返し忘れると、あの人はいつも返さないなどと言われてしまい、仲がこじれる原因になってしまいます。

 

貸した側からしても、このような小銭の場合ほど、催促もし難いものです。

 

親しい仲であるほど、お金の貸し借りなど行うものではありません。

 

本当は貸したくないのにどうしても貸さなくてはいけない場合は、お金のことだけはしっかりとしておきたいと言って、上記のような正式な借用書を書いてもらいましょう。

 

これを書く気がないということは、返す気もないということになります。

 

そのような人は信用できないので、お金の貸し借りどころか、普段の付き合い方も考えた方がいいかも知れません。

知人とトラブルを起こしたくない。そう思ったらアコムから借りるというのも考えてみましょう。

 

審査も早く、30日間金利0円サービスも実施中です。

 

\ アコムは最大手だから安心! /

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる