4153人が当サイトから申込みました。
\ ありがとうございました!/

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

銀行のおまとめローンをおすすめしない理由

複数の借金を抱えている場合、消費者金融のおまとめローンや銀行のカードローンを利用して一本化してしまうという方法があります。

 

この一本化をすることで、毎月の支払いの管理が楽になったり、時には利息を圧縮できる場合もあるので、借金はできるだけまとめてしまうに越したことはありませんが、銀行のカードローンでまとめるのはやめておいた方がいいかも知れません。

消費者金融と銀行のおまとめローンの違い

おまとめローンとはその名前の通り、複数の借金をまとめる為の借り換えのローンのことです。

 

消費者金融、または銀行のカードローンを利用してまとめることができますが、それぞれに特徴があります。

消費者金融のおまとめローンを使う場合

まず消費者金融のおまとめローンですが、これは一般のフリーキャッシングとは違い、総量規制の対象外になります。

 

よって、まとめて年収の1/3を超える金額になったとしても問題なく借り換えを行うことができます。

 

ただし、1社でこれを利用すると他社からの借り入れは一切行えなくなります。

銀行のカードローンをおまとめがわりにする場合

銀行のカードローンには元々総量規制が適用されません。

消費者金融を始めとする金融業者は貸金業法という法律の下に営業を行っています。

 

総量規制とはこの貸金業法上の規定ですが、銀行はそれとは別の銀行法という法律に沿って運営されている為、銀行からの借り入れは全て総量規制とは無縁なのです。

その為、銀行では消費者金融のように、おまとめローンという契約になることなく、通常のカードローンをそのままおまとめローンとして利用します。

 

総量規制が適用されないという点を利用して、複数の消費者金融からの借り入れを銀行のカードローンでまとめてしまうという手がありますが、これはあまりおすすめできません。

信用情報の記録先の違いによって必要以上に借りられてしまう危険性がある

キャッシングを利用すると必ずCICなどと呼ばれる情報機関の信用情報に借入が記録されます。

 

年収の1/3までしか借りられないという総量規制も、この信用情報を参照して判断されているのです。

 

銀行のカードローンを利用しているという記録もそうですが、消費者金融などの金融業者と、銀行や信用金庫では記録される信用情報の種類が違います。

 

信用情報を管理している信用機関は主に3種類あります。

  • 消費者金融など情報を管理するJICC
  • 各種ローン契約やクレジットカードの利用情報を管理するCIC
  • 銀行や信用金庫の情報を管理するKSC(JBA)

この中で総量規制の適用を受けるのはJICCが管理する情報です。

尚、クレジットカードによるローンの支払いはCICの管理になるので総量規制の適用を受けませんが、同じくクレジットカードを利用したキャッシング行為はJICCの管理となり、総量規制の対象に含まれます。

この管理されている信用情報の種類が違うことから、消費者金融からの借り入れを全て銀行のカードローンでまとめてしまうと、JICCが管理している情報上ではまた総量規制まで借りられるようになります。

 

これが銀行のカードローンの最大の問題点だと言われており、銀行に借り換えたことで、また消費者金融から借りることができてしまい、更なる借金を背負ってしまう可能性があるのです。

 

この理由から、銀行のカードローンで消費者金融などの金融機関からの借り入れをまとめてしまうのは、結果的に自分の首を絞めてしまうことになりおすすめできないのです。

消費者金融ごとのおまとめローンの違い

消費者金融のおまとめローンは大手各社から提供されていますが、各社によって多少内容が異っています。

プロミス 利用できる金額は300万円まで、利息は年利6.3〜17.8%となっており、返済は毎月1回で最長120回(10年)
アコム 300万円まで利用が可能で、利息は年利7.7〜18%、返済の最長は162回(13年7ヶ月)
アイフル 最高800万円まで利用でき、利息は年利12〜15%、返済は120回(10年)

おまとめローンのメリット

おまとめローンによって借金を一本化する目的は、まずは返済の管理を楽にすることです。

 

いくつもの借り入れを抱えていると、それぞれの返済日を覚えておくだけでも大変です。

 

一本化することにより、それが1つだけになるだけでもメリットだと言っていいでしょう。

 

更に、返済の都度ATMの利用手数料が掛かっていた場合はその分の節約にもなります。

 

返済が1社だけになることによってこのようなメリットもあるのです。

 

そして、おまとめローンによる最大のメリットは、今後の利息を減らせる可能性が高いという点に尽きます。

 

消費者金融などの金融業者からの借り入れに対する利息は、1社から100万円未満を利用している場合、ほとんどのケースで年利18%程度です。

 

そのような利息が設定されている借り入れをまとめて100万円以上の1つの借り入れにすると、15%まで利息を下げることができます。

利息制限法によって、100万円以上の借り入れに対して設定できる利息は年利15%までです。

 

おまとめローンではこの点を利用して、これまで全ての借り入れに対して年利約18%の利息が掛かっていたものを、15%まで下げられるのです。

このメリットは大変大きく、例えばそれぞれ年利18%の利息で50万円の借り入れを3つ行っていて、合計して150万円の借金がある場合、1ヶ月の合わせた利息は約22,200円になりますが、利息のパーセンテージが15%になると、約18,500円まで下がります。

 

1ヶ月にして約3,700円も利息の金額が変わるのです。

低額ならアイフル、高額ならプロミスがお得です

アイフルのおまとめローンの利息は年利12〜15%となっており、合計して100万円未満でも最高15%までの利息です。

 

ただし、最低金利は12%と他社より高くなっているので、100万円未満の利用には向いていますが、高額になる場合は他の2社の方がいいでしょう。

 

キャッシングの金利は高額の利用になるに連れて下がっていく仕組みなので、最低金利を見ると、高額になるほどこの3社ではプロミスがおすすめだということになります。

 

アコムは中間的な存在になってしまいますが、同社からの借り入れも含めてまとめる場合には特別に利息が優遇される可能性が高いので、全くおすすめできないという訳でもなく、ケースバイケースなところもあります。

おまとめローンは決して万能ではありません

このように、利用金額によっては今後の利息を圧縮できる可能性がとても高く、返済の管理も楽にすることができるおまとめローンですが、決して万能ではありません。

 

何より、合計した借金の金額は全く変わりません。

 

50万円の借り入れを3つ行っていれば、合計して150万円のままです。

 

また、返済日が1つだけになることはメリットでもありますが、場合によってはデメリットになってしまうこともあります。それは、一度に大きな返済を行う必要が出てきてしまうからです。

 

3万円の返済を3つ抱えており、それぞれ返済日は別の場合、その都度何とか3万円だけは用意できていたというケースでは、極端な話、今度は一度に9万円を用意しなくてはならなくなります。

 

3万円であれば何とか工面できていたものが9万円ともなると、おまとめローンを組んだことで逆に返済がおぼつかなくなってしまう可能性も出てきてしまうということです。

 

この毎月の返済金額についてはおまとめローンの契約の際に交渉することができますが、月々の返済を楽にしようとこれまでの合計した返済金額より少なくしてしまうと、今度は折角利息自体が下がった意味が無くなってしまいます。

 

当然ですが、返済回数が多くなるほど支払う利息の金額は多くなっていく為です。

完済を目指すなら…

複数の借金の返済にはとても有効なおまとめローンですが、ここまでに挙げてきたように、決して手放しでおすすめできるというものでもありません。

 

特に銀行のカードローンは更なる借金を作ってしまう可能性があるだけに、利用は熟慮の上で行ってください。

 

消費者金融のおまとめローンは、利用した業者から直接今までの借り入れ先に返済が行われる仕組みになっています。

 

手元に一切現金が残らないので、本気で完済を目指すにはこちらの方が向いていると言えるかも知れません。

債務整理を行うことも検討してみましょう

複数の借金の返済に困った時には、おまとめローンではなく、債務整理を行うことも考えてみる必要があります。

 

債務整理と聞くと、その響きから手続きなどがとても大変だと考えてしまうかも知れませんが、任意整理であれば裁判所を通すこともなく、誰にも知られずに行うことができます。

債務整理の種類

債務整理の主な種類は、この任意整理の他に裁判所を通して行う個人再生、そして自己破産という3種類があります。

 

任意整理は1社から大きな債務を抱えている場合にとても有効で、金融業者に対して個別に交渉を行い、元金の減額や今度の金利の免除を求める手段です。

 

これを行うには弁護士、もしくは認定司法書士に依頼する必要があり、140万円を超える場合は弁護士のみが対応することができます。

 

もちろん弁護士などに支払う報酬も必要ですが、今後の金利の免除を得られれば返済がとても楽になるのは言うまでもありません。

例えば150万円の借金に年利15%の利息が付いており、36回(3年)で返済するというケースだと、月々の返済金額は約52,000円で、合計返済金額は約187万2千円になります。

 

この借り入れに対して任意整理を行い、元金が15万円減額、そして今度の利息が免除されたとすると、月々の返済金額は37,500円、合計の返済金額は135万円になります。

この例では元金の減額こそ10%だけですが、将来的な利息が免除されたことで、合計返済金額が50万円以上も違ってくるのです。

おまとめローンと債務整理の違い

おまとめローンでは元金が減額されることも、金利が免除されることもありません。

 

本気で借金を完済したいのであれば、債務整理が一番有効な手段だと言うことができます。

 

複数の借金を抱えている場合には、任意整理より個人再生の方が向いているかも知れません。

 

この個人再生とは任意整理と同じく、弁護士、または認定司法書士に依頼をして行います。合計して140万円を超える場合は任意整理と同様に弁護士に依頼してください。

 

全ての債権者(借り入れ先です。ローン契約も含みます)に対して一斉に借金の減額や今後の利息の免除を求めることができるのが特徴で、裁判所にて最終的な承認を受けます。

 

原則的にローン中の品物は没収されてしまいますが、住宅ローンのみはそのまま継続できる特例があるので、住宅ローンを抱えていても問題なく行うことができます。

 

ただし、同じように高額のローンであっても他のローン契約は一切例外になりません。

 

車のローンを抱えている場合は破棄されてしまい、車自体も引き上げられてしまうので注意してください。

自己破産は債務整理の中でも最後の手段

これだけは弁護士でないと申請や手続きが煩雑になってしまうので、弁護士に依頼して行うのが一般的です。

 

免責が下りると一切の債務の返済義務が無くなりますが、行ったことで受けるデメリットも一番大きくなります。

 

自己破産は原則的に30万円を超える預金や私財を所有したまま行うことはできません。

 

それを超える預金や私財は管財人によって全て債権者への返済に充てられます。更に、免責が下りた後も、しばらくの期間は一切の借り入れ行為、及びローンを利用することができなくなります。

 

これは任意整理や個人再生でも同様ですが、自己破産の場合は一番期間が長くなると考えておいてください。

債務整理は状況悪化を食い止める手段でもあります

この債務整理を行ったことで今後の借り入れやローン契約が行えなくなってしまうという点は、デメリットというより、むしろ歯止めになると考えるべきでしょう。

 

折角債務の減額を受けたり、免責を下りたとしても、またすぐに借金をしてしまっては今度はいつ完済できるか分かったものではありません。

借金の金額や借り入れ件数によって今後を考えましょう

あくまで基本的にですが、合計して100万円を超える借金の場合はまとめてしまった方がいいでしょう。

 

ただし、銀行のカードローンを利用する場合は二度と消費者金融から借金をしないという堅い決意が必要です。

 

また、おまとめローンでは借金の総額は変わらないということも充分に考慮してください。

 

多少金利が下がっても返していくことは無理だと思う場合は、債務整理も考えてみましょう。

 

これを行うとしばらく借り入れ行為やローン契約が行えなくなってしまいますが、これは逆に自分にとってプラスと考えるべきです。

 

自己破産は最終手段になります。

 

既に何ヶ月も支払いを延滞しているような場合はこれを選択するしかないかも知れませんが、何とか任意整理や個人再生で立て直すことを優先に考えてください。