\ 平日14時までの契約完了で即日振込み /

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

アコムは怖い?国内大手だけにコンプライアンスの徹底が図られています

アコムなどの金融会社を利用する時に怖いと感じる方は少なからずいます。

 

実際に当サイトへ訪れた際の検索ワードも「アコム 怖い」があるほどです。

 

お金を借りる前に不安に感じることといえば

  1. 滞納したら取り立てが怖そう
  2. 暴利を請求されるのではないか

この2つが代表的ではないでしょうか。

 

しかしアコムなら企業体質を知ることで不安や怖さも軽減されますし、なにより近年は法律も整備されたことでカードローンに対するイメージは完全に過去のものなのです。

アコムという会社を知れば決して怖くはない

「はじめてのアコム」というキャッチコピーを軽快なリズムに乗せて歌い上げるコマーシャルでお馴染みのアコム。

 

これまでにTVコマーシャルに出演したタレントも錚々たるメンバーで、女優の永作博美さんや前田敦子さんが出演していたこともありますし、タモリさんや渡辺真理さん、武井壮さんなど意外な人物が登場したことでも話題を集めました。
自動契約機(むじんくん)
アコムが導入した独自のシステムとしては「自動契約機(むじんくん)」が挙げられます。今でこそ当たり前の機能である自動契約機ですが、実はこれを初めて開発した会社こそがアコムでした。

 

自動契約機(むじんくん)の誕生によってお金を借りる側の精神的負担が劇的に減少しており、そのことを見込んだ当時の木下恭輔社長が「業界の発展のために敢えて特許申請をしなかった」という逸話も残されています。

 

そのような企業体質と照らし合わせてコマーシャルに起用している有名人のイメージを見ていくと、向上心が高く透明性があり利用者の立場を理解した会社であるというのが、アコムに抱く企業イメージです。

親会社の三菱UFJフィナンシャルグループとは?

三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムの親会社である三菱UFJフィナンシャルグループは、資本金が2兆円以上で東証一部に上場する大企業です。

 

グループ企業としては商業銀行である三菱UFJ銀行を筆頭に、ユニオン・バンクやタイのアユタヤ銀行、三菱UFJ信託銀行などの金融機関を運営しています。

 

三菱UFJ証券ホールディングスや三菱UFJモルガン・スタンレー証券、カブドットコム証券といった証券会社もグループに収めています。

 

総従業員数は連結を含めると10万人以上にまで達し、ニューヨーク証券取引所にも上場する数少ない日本企業の内の一つであることから、世界的にも高い知名度を誇っています。

 

もともとは由緒ある三菱財閥の流れを汲む三菱フィナンシャルグループが、2004年にUFJグループとの経営統合を発表して誕生したのが三菱UFJフィナンシャルグループです。
三菱UFJ銀行
特筆すべきなのは三菱UFJニコスやジャックスといったクレジットカード会社の関連企業もグループに含まれていることであり、「お金を貸す」という面でも我々の生活に密着した企業ということです。

 

ファイナンスという面では日本住宅無尽、資産運用・管理という面では三菱UFJ国際投信や日本マスタートラスト信託銀行、不動産としては三菱UFJ不動産販売も含み、まさに金融に関するエキスパートといった印象を受けます。

法令遵守

経営管理体制においても抜群の統率が取られており、コンプライアンス態勢や反社会的勢力に対する方針も明確に示され、内部監査も機能しています。

 

「お客様本位の業務運営」という三菱UFJフィナンシャルグループの基本理念を守るために欠かすことのできない経営管理体制にしっかりと注力しているため、この観点からも非常に信頼を置いて長く付き合える企業であるということが読み取れます。

企業体質から見たアコムの安心感とは?

アコムの安心感

そもそもアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となるよりも前から、コマーシャルから連想できる通りの明るく健全な企業でした。

 

常に消費者の視点を大切にし続けて革新的なアイデアをいくつも世に打ち出してきましたし、30日間無利息という融資を初めて受けるという方に対する配慮もあります。

 

そのような企業体制に加えて現在は三菱UFJフィナンシャルグループという巨大企業が親会社となっていますから、鬼に金棒という言葉が極めてしっくりきます。

 

三菱UFJフィナンシャルグループは言わずと知れた日本を代表する企業であり、様々な形式の金融に関連した事業を展開しています。

 

ニューヨーク証券取引所にも上場を果たしており、東京証券取引所では東証一部への上場を継続するばかりか、日経平均株価を定める225銘柄の内の一つとしても採用されるなど、社会的信頼の厚い企業となっています。

 

よってどんなに小さな子会社が引き起こした軽いトラブルだったとしても、些細なことから簡単にグループ全体の印象を悪いものに一変させてしまうため、特に消費者金融であるアコムの運営に関しては細部にまで注意が行き届いています。

 

金利などを含めて債権の回収の際に違法行為が行われることは一切ありませんし、申し込みの際やアフターケアなどのサポート体制も充実しているのです。

 

またコンビニのATMを利用した返済にも対応していることから、返済したいのにできなかったという問題が起こることもありません。

利子・利息は法令で定められています

アコムの利息

 

カードローンの多くは最高金利が18.0%の会社が多くないですか?

 

法律で上限金利が決まっており、しかもその法律とは昔問題化したグレーゾーン金利を一切排除した明確な金利になっているので各社そこに合わせているわけです。

 

現実的には10万円未満での借入というのは少ないため、18.0%が一般的なのです。

 

そして遅延した時には最高の20.0%が適用される仕組みになっています。

 

遅延延滞

 

ここで注意したいのは、こうした法令で決まっている金利を無視しての請求は一切ありえないということです。

 

アコムのような超大手で法令を無視して処罰を受けることになれば大変な問題になってしまうからです。

 

しかしそれでも金利についての不安はつきまといますが、よく言われる「利息ばっかり払って元金が減らない」というのは、リボ払いという返済システムによるものなのです。

 

しかもこのリボ払いというのはアコムに限らず大手銀行でも採用しており、どこで借りても結局は似たような返済スタイルになってきます。

返済が負担にならなように細く長く返済するような仕組みではありますが、利息は日数計算なのでなかなか減っていかないということになります。

 

ですからできるだけ短期間で返してしまうのが利息を減らす唯一の方法です。

 

もちろん延滞すれば遅れた日数分の利息を20.0%の利率で計算されますので、それなりに大きな金額になってしまいます。

 

このように違法な利息を請求すること自体が大問題に発展してしまうこと、利息が大きいと思うのはアコムに限ったことではなく、返済方法次第で利息も抑えられるということなのです。

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

\毎日1500人以上が申込むアコム/

お申し込みはこちら

無利息期間は初めて借りる方限定!