\ 17:30までの契約完了で即日振込み /

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

学生でも安定した収入があればアコムで借りられます

アコムは学生でも借りられます

アコムで借りるメリット
  1. 20才以上でアルバイトなどの収入があればOK
  2. 申込時に親へ連絡することはありません
  3. 10万円なら月々3,000円の返済で済む
  4. 審査は最短30分。日曜日でも即日融資可能
  5. 三菱UFJグループなのでコンプライアンスも安心

アコムの貸付条件より抜粋

貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

アコムの貸付条件にあるように、20歳以上でアルバイトなどの安定継続収入があれば融資を受けることができます。

街の学生ローンやキャッシングを利用するならアコムで借りましょう

アコムは学生でも借りられます
ネットで「学生ローン」と検索すると多くの学生ローン専門業者がヒットしますが、アコムのような銀行系消費者金融ではなく街金と呼ばれる形態に近い貸金業者です。

 

もちろん正規に登録をしている合法的な業者なのは間違いありませんが、できることなら大手で銀行グループの金融業者から借りたほうが安心できませんか?

 

アコムと学生ローン専門業者(業者によって多少異なります)との違いは以下のようになっています。

会社名 金利 保証人 日曜日
アコム 3.0%〜18.0% 不要 借入可
専門業者 17.0% 不要 休み

アコムは大手だから借りるときは面倒くさそう…と思ってしまうかもしれませんがそんな事はありません。

 

日曜日だって借りられますし、何と言っても審査は最短30分で申し込みから融資まで最速1時間!

 

これは融資のノウハウを多く持っている大手だからこそ成せる技なのです。

金利1%差は実際いくら違うの?

借りるときにはできるだけ低い金利で借りたい…当然です。

 

実際にアコムから借りると18.0%、学生専門業者のローンは17.0%。

 

しかし金額に直してみるとそれほど大きな差ではないことが分かります。

 

10万円を3年で返済する場合

17.0% 3,565円×35回・3,600円×1回(支払い総額128,375円)
18.0% 3,615円×35回・3,605円×1回(支払い総額130,130円)

その差は3年間合計で1,755円で月に直すと50円にも満たない金額ですね。

いくらまで借りられる?

基本的な収入が多くありませんのでそれほど大きな金額は借りられないでしょう。

 

総量規制の対象になりますから借りられるのは年収の3分の1まで。

 

ちなみにこの年収とは手取り額ではなく総支給額を指します。

 

大学生の本業は学業なのでバイトの他にサークル活動もあるでしょうし、およそ大学生のバイトの収入は月平均で5万から8万だと思います。

 

この金額から割り出すと頑張って毎月バイトで8万円稼いだとして8万×12か月=96万円です。

 

総量規制をこれに当てはめると年収の3分の1まで借りることができるので32万円まで借りられます。

 

しかし32万円がリミットなら20万円を少し上回った辺りが合計で借りる事の出来るラインだと思ったほうが良いでしょう。

友達や親にバレない?

アコムからの連絡は収入があるかの確認のために職場へ電話連絡があるだけ。

 

これは最初の申込時だけですし、電話連絡の際も「アコムですけど」とは言いません。

 

職場が休みだったり電話が取れない職場などもありますが、そうした場合にもアコムは相談に乗ってくれます。

 

つまり、親(保護者)に連絡することは無いのでバレるということもありません。

 

当たり前ですが悪質な滞納があった場合などは除きます。

申し込みはネットで完了

アコムは毎日1500人以上の方が申込むだけあって申込みの受付体制も万全です。

 

審査受付は土日も含めて9:00〜21:00。

 

まずはスマホから申し込んで振込か自動契約機かを選べます。
アコムの借り方

【学生証不要!】必要書類も少なくて済む

アコムの必要書類は学生証が不要
学生専門カードローン会社だと必要書類に「学生証必須」が含まれていることが多くあります。

 

それに対してアコムの場合は以下の中からなにか一つあれば申し込みが可能です。

運転免許証 個人番号カード 健康保険証

運転免許証

個人番号カード写真入り

健康保険証

最も手軽!

写真入り

追加書類が必要

※写真が入っていない個人番号カードや健康保険証の場合は以下の追加書類が必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 納税証明書

アコムだけで50万円以上、または他社も含めて100万円以上借入れる場合は以下の収入証明が必要です

  • 源泉徴収票
  • 給与証明書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

アコムは年収200万円以下の方への貸付も全体の4分の1ある

アコム公式サイトのIRデータ2018年3月度を見ると新規申込において年収200万円以下の方の割合が25%あることが分かります。

 

アルバイトで稼ぐ収入でも充分申込対象となりうる事例です。

200万円以下 25.4%
200万円〜500万円 65.0%
500万円〜700万円 6.5%
700万円〜1,000万円 2.5%
1,000万円〜 0.6%

申し込みをする年齢層も20代が大半

同じくアコム公式サイトのIRデータ2018年3月度を見ると20台の新規申込が半数以上占めています。

〜29才 55.2%
30〜39才 17.6%
40〜49才 14.6%
50〜59才 8.9%
60才以上 3.7%

こうしたことから大半の学生は20代であることを考えると、正社員として働いていなくても借入をしていることが想像つくと思います。

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

\毎日1500人以上が申込むアコム/

お申し込みはこちら

無利息期間は初めて借りる方限定!