返済遅延は絶対ダメ!と言われますが正しく理解してきちんと返済すれば恐くはありません

遅延損害金=延滞したときにかかる金利です。

 

以下はアコム公式サイトからの引用文です。

カードローンは遅延損害金年率20.00%を日数に応じてお支払いいただきます。

 

【計算方法】
残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数=遅延損害金

 

【例】
カードローンで借入残高10万円、遅延損害金年率20.00%、期限の利益の喪失日の翌日から5日経過の場合
10万円×0.200÷365日×5日=273円


※「期限の利益の喪失」とは返済の期日までアコムに待ってもらうことを利用者側の利益とみなすことです。金額のことではありません。

通常金利に上乗せ?と不安になってしまいますが、貸金業法で延滞を含めても金利は上限が20%と決められているため、法外な金利になることはありません。
アコムへの支払い遅延について
返済の期日を過ぎた日から遅延損害金の金利が適用になります。

遅延損害金を金額別、日数別で計算すると以下のような一覧になります。

借入残高 延滞日数 支払う利息

100,000円

5日

273円

100,000円

10日

547円

100,000円

15日

821円

100,000円

20日

1,095円

100,000円

25日

1,369円

100,000円

30日

1,643円

借入残高 延滞日数 支払う利息

300,000円

5日

821円

300,000円

10日

1,643円

300,000円

15日

2,465円

300,000円

20日

3,287円

300,000円

25日

4,109円

300,000円

30日

4,931円

借入残高 延滞日数 支払う利息

500,000円

5日

1,369円

500,000円

10日

2,739円

500,000円

15日

4,109円

500,000円

20日

5,479円

500,000円

25日

6,849円

500,000円

30日

8,219円

通常金利時との比較

通常金利 借入残高×借入利率÷365日×利用日数
【例】10万円×18.00%÷365日×15日=740円
延滞時 借入残高×20%÷365日×返済期限翌日からの経過日数
【例】10万円×20.00%÷365日×15日=822円

15日間で82円の差
※うるう年は366日計算
※通常金利は契約内容によって変わります

この差が大きいか小さいかは個人差がありますが、莫大な延滞金を請求されるわけではありません。

返済の延滞に関する情報について、過剰に考えていませんか?

アコム以外でもお金を借りられる金融機関は数多くありますが、多くのサイトで言われているのは「返済遅延には気をつけましょう」「返済が遅れると大変」などがほとんどです。

 

確かにそうですし印象も悪くなるのは事実ですが、その取り立てや追加の支払額などを正確に把握しておけば万が一返済が滞ってしまった場合でも落ち着いて対処できます。

 

一口に「返済遅延」と言っても人にはそれぞれ事情があり、悪質なものもあれば急な病気などで仕方なく返済が遅れてしまう場合もあるからです。

 

返済遅れなどに対する取り立てで昔の怖いイメージがある方はこちらを読んで下さい。


\毎日1500人以上が申込むアコム/

アコム公式サイトへ

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ