\ 平日14時までの契約完了で即日振込み /

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

結局は年収との兼ね合いと審査次第

アコムの融資限度額

アコムで一体いくらまで借りることが出来るのか?最大融資金額は800万円です。

 

しかし800万円を借りるには年収が2400万円ないと総量規制によって借りる事が出来ません。ですから800万円借りる人は稀だと思います。

 

一般常識から言って800万円の借入は大きすぎます。流石にこの金額の融資になった場合金利は4%を切るでしょう。ここで最低金利の適用になります。最低金利が適用されなければ借りたくないですよね。

 

幾らお金に余裕があっても800万円で金利10%はきついです。800万円で利息10%は現実問題ありませんが・・・。

 

まあ、800万円を借りる人が一体どれくらいいるのかが気になりますが、本当に少数だと思います。アコムの看板商品ではありますけどね。それ以外の金額ではどうでしょうか?

そもそも総量規制を前提に考えなくてはならない

先ず基本ですが、消費者金融でお金を借りる事が出来るのは原則年収の1/3までです。

 

100万円なら年収300万円。200万円なら年収600万円300万円なら年収900万円です。

 

900万円も年収があればお金を借りなくても十分やっていけると思います。

 

しかし、人生いろいろですからね。何が起こるか分かりません。300万円から600万円の間でお金を借りるのは分かるんですけどね。

 

900万円の人はあともう少しで1000万円プレイヤー。そんな人は借金とは縁がないと思ってしまう。完全な先入観です。

年収900万円の人でもお金が必要な時はあります

そんな時は年収の1/3の300万円まで借りる事が出来ます。お金を借りるのは自由です。

 

年収が多い人が借金をしてはいけない等と言う、法律は当然の事ながらありません。

 

お金を借りられない人は金融事故を起こした方。また年収が極端に少ない人などです。後は借入が多い方。

 

それ以外の方は審査の結果で借りられないと言う事はあまりないと思います。

 

後は幾ら借りる事が出来るかです。基本的に多くお金を借りたい傾向にありますね。

但し貸すかどうかの審査の結果による

実際に300万円の決済は30分では決済が下りない可能性が高いです。

 

担保でもあれば話は早いですが、アコムは、無担保・保証人不要が売りです。その為、担保は必要がありません。担保なしの年収勝負です。

 

しかしどこまでお金を借りられるかは総量規制があるので答えが直ぐに出てしまうのです。年収の1/3が答えです。

【データ】どこまでの年収の人が頻繁に消費者金融を使うか?

流石に年収1500万円以上の人は消費者金融を殆ど使いません。中には全く使わない人もいます。やはり一つのラインは1000万円ではないでしょうか?

 

1000万円ならまだ消費者金融を使う可能性があります。ここから先がなかなか消費者金融を使わないゾーンになってきます。

 

1000万円の人もプライドがありますから、消費者金融は使わないケースも十分考えられます。消費者金融は使わない?あれ消費者金融は使わない?銀行系カードローンは使うのか?

 

そうです、銀行系カードローンは使う可能性が十分あります。消費者金融と、銀行系カードローンは性質は似ていますが、ステータスが違うと考える人も多いようです。

 

年収で言うと300万〜500万円の方のゾーンが一番多いですね。

100万円未満 12.5%
100万円以上200万円未満 14.1%
200万円以上300万円未満 17.1%
300万円以上500万円未満 28.0%
500万円以上700万円未満 16.3%
700万円以上1,000万円未満 8.9%
1,000万円以上 3.1%

※平成28年「資金需要者等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告」より

消費者金融の場合はどこまでお金を借りる事が出来るか?

これは完全に年収との兼ね合いになるのはもうわかったと思います。なんだか年収との兼ね合いで借りられるお金が決まってしまっているのもあんまり面白い話ではないですね。

 

しかし債務整理になる人がたくさん出たので仕方なく、総量規制を導入して、少しずつ債務整理をする人を減らしています。

 

まだ爆発的に債務整理をする人が減ったという話は聞きません。消費者金融によって、債務整理をする人が少ない会社と多い会社があるようです。

債務整理を多くされる会社は堪ったものではありません

債務整理で自己破産をされてしまうと貸し倒れ償却になりますからね。税金上の恩恵が多少あるだけで焼け石に水です。自己破産は消費者金融としては一番きついです。

 

しかし自己破産の手続きを取られてしまえばほぼお手上げ状態です。裁判所から意見書が送付されてきますが、そこにこの人はギャンブルにお金をたくさん使っていますと書いても証拠がないと、管財人裁判にでもならない限り完全にお手上げです。

 

証拠が残るのは競馬を在宅投票システムで馬券を買った場合です。銀行記帳すれば全て、お金の動きが分かります。しかし、場外馬券場や競馬場で馬券を買った場合は、証拠が残りません。

 

在宅投票システムを利用した場合は管財人裁判になる可能性があります。それ以外の方法で馬券を買った人は、通常裁判となりほぼ間違いなく免責になります。

 

アコムは10万円のお金を借りる契約をしている人もいれば300万円の契約をしている人もいます。そして、その中の僅かな人が債務整理をしてしまいます。

 

そうなるとお互いに不幸になるので、年収と総量規制から限界の額を逆算するのではなく、あくまでも計画的に返済できる額というのを考えて借り入れをするようにしましょう。


アコムでお金を借りるのは信用次第

これは、アコムに限ったことではなく、消費者金融業界全体に言える事ですが、お金を借りるのに最も重要な事は信用状況が良いかどうかです。

 

これは社会的信用度とも連動している部分がありますが、やはり信用情報に悪い情報が載ってない事が絶対条件になってきます。
悪い情報が載っているとお金を借りるのが非常に厳しくなってしまいます。普通に生活をしている分には信用情報に悪い事が載っている事はないでしょう。問題は金融事故などがあるとアコムではお金を借りるのは無理です。

安定継続収入がある状態の人が信用的には普通です

この状況で、信用情報に悪い情報が載っている事はありません。何もお金の貸し借りをしていない訳です。当然、マイナスになる要素はありません。

 

アコムでお金を借りる事が出来るか出来ないかは信用情報次第です。信用情報に問題がなければお金を借りる事が出来ます。勿論、安定継続収入があって肝心の所得がなければお金を借りる事は出来ません。

専業主婦は信用がないから借りられないのか?

専業主婦の場合は信用問題というわけではなく、仕事をしていないためそもそも年収がありません。年収の1/3までしかお金を借りる事ができないということは収入が0なら1/3も何もありません。

借りられたにしても返済をしっかりすることが重要

支払いはしっかりしていかないと、信用情報に傷がつく可能性もあります。悠長に構えている暇はありません。しっかり借りたお金は返す事。この当たり前の事を完済するまで毎月しっかり続けなければいけません。

 

信用情報に傷がつくとアコムなどでは新規申し込みしても、門前払いされてしまいます。

 

信用情報に問題がある人は少なくともお金を借りるのには意気揚々としていたのに、いざ、返済となったらしっかり出来ない人で延滞期間が長い人です。

 

どの位の期間の延滞で、信用情報に傷がつくかは、その会社によって変わって来るため一概に何日までがセーフと言うのが書けません。

返済は収入があればアコム1社ならそんなに難しい事ではありません

新規で申し込んで、融資が可決になる方がよっぽど難しいです。何せ消費者金融の可決率は45%から49%です。アコムは約48%とのことでした。

 

2人に1人しかお金を借りられない事に机上の計算ではなります。但しこれはあくまでも机上の計算で、3人連続で審査に通る事も実際はあるそうです。アコムに勤務している友人が話していました。

 

流石に2人に1人は厳しい数字ですね。これには訳があって、明らかに審査に落ちる人が申し込んで来る為、可決率が落ち込んでいるようです。これはどこの消費者金融でも懸念事項ではあるそうです。

アコムで新規で審査にパスするには、安定継続収入がある。信用情報に問題がない。この2点です。

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

\毎日1500人以上が申込むアコム/

お申し込みはこちら

無利息期間は初めて借りる方限定!