\ 平日14時までの契約完了で即日振込み /

アコムで3秒診断!
借入可能か確認してみる

アコム返済方法は複数ありますが35日返済のメリットデメリットを理解しましょう

アコムの返済方法には3つあります。

  1. 毎月指定期日に返済する方法。1番スタンダードですね
  2. 振り込みによる返済。これもネットで操作が出来ますから便利です
  3. 35日サイクル…この35日サイクルがなかなかの曲者です

普通に毎月期日指定にしていれば、3日前に返済しても返済日が動くことはありませんが、この35日サイクルは返済日が動くのです。

 

便利ですが少し厄介に感じる人も多いようです。この3つの返済方法であれば1番無難なのは前述のように期日指定です。

 

振り込みも便利ですね。この2つに共通している点は毎月返済が1回と言う事です。

 

35日サイクルの場合は1月1日返済したら次の返済日は2月5日です。35日後ですからそうなります。ここで臨時収入があったので1月10日にお金を返済したとします。そうすると次の返済日は2月15日になります。

35日返済はこの様に返済を先にすると次の支払日がドンドン近づいてきます。ここが少しトラップになっていますかね。

 

普通はお金を返したらどんどん楽になっていきますが、この方式の見かけは凄い便利に感じます。しかし実際に使ってみると返済日がばらつくので厄介です。毎月25日が返済日と決めてあった方が管理はしやすいですね。

そこが今回の盲点。返すのが早いと返済日が近づく

先ほどのケースでは1月1日に返済したら次の返済は2月5日です。それが1月10日に臨時収入があり返済すると次の返済日が2月15日になります。

 

2月5日が本来の返済期限ですが、ここが2月15日に変わります。便利に感じる人は便利に感じると思います。

 

しかし、中には使い勝手が悪いなあ・・・と嘆く人もいるようです。35日サイクルの場合は返済の方法さえ理解していれば問題はありませんが、返済方法を良く理解していないと非常に厄介な事になります。

 

ですから前述のように毎月指定期日返済が自分でもわかりやすく覚えやすいので1番賢明な判断だと思います。

POINT35日と言うのがトリックで、返済日までに余裕があると思ってしまいます。消費者金融の返済は実は初回が1番大切です。

 

確実に返済をしていかないといけません。特にその中で初回に返済遅れなどをしてしまうと、やはり貸した側からみると心証が悪くなってしまいます。心証が悪くなってしまうと、挽回が効かない時があります。

通常は1日・2日の延滞は多めにみますが、最初からそれをやられてしまうと、この人大丈夫かな?となってしまいます。そう言うことが起きない為にも期日指定日に返済する方法が最善の策だと思います。

35日と言う事は毎月期日指定で返済している人よりも5日分多めに利息を払うと言う事になる?

この辺りもこの35日サイクルのトリッキーな部分です。返せば返したで、35日後。これを続けていると1年間で60日分、約2か月分利息を多く払っていることになります。

 

毎回35日後に返済しているとそうなります。ここが35日サイクルの落とし穴でもあります。

 

確かに35日後が返済なら返済は楽にはなるでしょうが、利息が1年間で2か月分も取られるのは痛いです。皆さん殆ど2か月分の利息を多く取られている事に気が付いていないか、無関心のどちらかです。2か月分の利息は大きいと思います。

 

利息は少ないに越した事はありません。しかし現実問題この利息は大きいです。対処法としては30日以内に毎回返済していけば利息は余計に支払わなくて済みます。返済方法はお金を借りる前から決めておきましょう。

 

会社にもよりますが特にアコムの場合はそうだと思います。返済する選択肢が多いのは歓迎材料ではあります。

 

毎回期日指定は分割払いと同じですから、慣れてしまえば、1番返済しやすいと思います。振り込みもそうですね。35日サイクルも慣れてしまえば、30日サイクルに自分で持っていってしまい、上手く利息を大きく取られないようにする事が出来ます。

 

色々説明しましたが実は35日サイクルというのは特殊な支払い方法だと言う事です。毎月1回指定日に返済するのが1番楽だと思います。

ネットで申込み・審査を済ませておくと店舗では最短5分で契約が終わります

\毎日1500人以上が申込むアコム/

お申し込みはこちら

無利息期間は初めて借りる方限定!