審査が通らないのは主に3つの理由がありますが身元がハッキリしていて他に借りすぎていなければ審査で悩む必要はありません

キャッシングやカードローンの審査に通らない理由は大きく分けて3つあります。

申込み者の属性・個人情報がはっきりしないこと

特に申込み者の住居と勤務先がはっきりしないのは審査の上で致命的となります。

 

キャッシングやカードローンの審査では、申込み者の住居形態、居住年数、連絡手段が見られます。たとえば持ち家で長くその家に住んでいて固定電話がある。このような条件を満たしていれば今後転々としたり連絡が取れなくなる可能性が低いと判断されるため信用度は高くなります。

 

勤務先も同様に、勤務期間、収入、会社の規模などが見られます。たとえば長く勤めていて毎月安定した収入があり、勤務先が公的機関や大手企業である。これらの条件を満たしていれば信用度は高くなるでしょう。

 

このようにキャッシングやカードローンの審査は申込者の属性・個人情報をきちんと把握することで、貸したお金をしっかり返済できる人なのか判断するのです。だからキャッシングやカードローンを申込む際は申込者の属性・個人情報ははっきりさせましょう。

総量規制を超えた借り入れになる可能性があること

アコムの審査に通らない

2010年に貸金業規制法という法律が施行され、総量規制により個人は年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。

 

これによって借入総額はその人の年収の3分の1までとなり、キャッシングやカードローンの審査の上でこの総量規制に沿った借入なのかが見られるようになったのです。

 

新たに申し込んだキャッシングやカードローンによって自分の借金総額が年収の3分の1を超えないかどうか。申込む際はこの点にも注意が必要になります。

 

但しこの総量規制は消費者金融系のキャッシングやカードローンに適用されるもので銀行系カードローンには適用されません。ですから銀行系カードローンの場合はこの理由は当てはまらないでしょう。

他社からの借入状況と過去の取引の状況が悪いこと

消費者金融や銀行などからの借入に関する情報や、クレジットカードの利用履歴などの情報は信用情報機関という所に一括して登録されています。申込み者が何年何月何日どのような取引をしたのか。これら1人1人の情報が1つの画面で分かるようになっているのです。

 

金融機関はこれらの情報を共有することで審査の判断に利用しています。

その他の審査が通らなくなる情報とは

金融機関が利用する情報というものがあります。1つ目は他社から4〜5件の借入れがある情報や、短期間で複数の金融機関に申し込んでいる情報です。

 

この情報がある場合は審査が通らない可能性が高いです。また当日に4、5件以上の照会件数の情報があったりすると融資金額が下がる可能性があります。

 

2つ目は過去の取引で3ヶ月以上の長期延滞がある場合です。この情報が見つかった場合も審査は通らないでしょう。

 

また長期でなくても現在他社で返済を延滞している状態。たとえば、2〜3日でも延滞があると融資金額が下がる可能性があります。また、30日を超えると、審査も通らない可能性があります。

 

3つ目は債務整理(自己破産、民事再生など)をした履歴があること。これがあった場合はほぼ間違いなく審査は通りません。

 

以上がキャッシングやカードローンの審査が通らない理由になります。キャッシングやカードローンは無担保無保証でお金を融資するので、人を信用する以外に担保はありません。

 

だからきちんとした生活を送り借金が少なく、誠実に生きていれば審査は通ると思います。これからキャッシングを検討されている方は、これら注意点を意識して申込んでほしいと思います。

要するに審査に通らないのはその人の現在のあり方によるものかも

カードローンの審査に通らない人というのは、何かしらその審査をしてみて「理由」があるからこそ通らないのです。カードローンでお金を借りるには必ず審査をしてから借りれるか、借りれないかという判断をします。

 

そのお金を貸せる基準というものは、その人の「現在のあり方」によるものが大きいのです。

 

ちょっと前まではいくら年収が500万円以上で安定した暮らしをしていたらかといっても、現在は会社を辞めてしまい年収が安定していなければ審査に通りにくくなります。

 

カードローンでは、お金の返済というものを考えた時、毎月いくら返済していけるかということが大切です。いくら一ヶ月間で100万円を稼いだとしても次の月の給料が3万円ではその安定した返済ができるかと業者側は思うわけです。

 

実に安定している給料というものは大切で、その安定した生活ができる人には審査が通りやすくなっていますから、たとえアルバイトやパートでも、安定した収入があれば審査に通りやすくなるわけです。主婦でも、夫の給料が毎月必ず一定の額あれば、審査が通りやすくなるものです。

貸し手から見てどう思われるかが重要

又、カードローンで審査に通らない理由としては、その人の収入が不安定か無職、尚且つ独身という人はもっと審査に通りにくくなります。

 

結婚している人は、その現住所にしっかりと腰を据えて住み結婚しているからこそ妻や子供を養うためにまじめに働いている人が多い傾向にあります。夫がもしも病気やトラブルでお金が返せなかったとしても、その妻が働いてお金を返せるわけです。

 

しかし独身の場合にはそういった人が近場にいません。いつフラッと何処かへ引っ越してしまうこともあるかもしれない独身の人は少し信用というものに欠けてしまいます。

 

それがましてや親と同居もしていない、賃貸アパートに1人暮らしをしている人でフリーターなどであれば、よりお金を貸す側としては貸しても大丈夫かと不安に思うものです。

 

又、そのキャッシングが初めての人はお金を返済できたという実績がないためにどうしてもフリーターなどの人では審査に通りにくい場合があります。

 

正社員で働いていて安定した収入があった時にその業者から借り、それを返済し終えていた場合にはその人が現在フリーターで独身であってもその過去の実績があるだけに信用度が高く貸せることになります。

 

カードローンやキャッシングというものはその人を見て審査するということはいわば会社の面接でもあるわけです。その借りる人の収入ばかりではなく身なりも業者側はしっかりと見ています。

 

審査に通らない人は、「大丈夫かな?」と思うような容姿をしていることもあります。無職である人はまずキャッシングの審査には通らないと考えた方がいいでしょう。

 

お金を借りに行くだけ無駄と思っても過言ではありません(そもそも貸付条件に適合しない)。

 

1番その審査に通りやすい職業はズバリ公務員です。公務員は実に信頼があります。公務員は給料も良く、毎月の支払いも余裕を持ってできると考えます。

 

国家がバックについているだけに不況だから潰れては給料が入らないこともなかなかありません。

 

でも自営業の場合、不況になれば仕事が減り毎月の返済が滞るのではないかと考えられることがあります。仕事は自営業で過去に何度もお金を借りては返済日までに返していないことが度々あれば審査に通りにくくなります。

 

それがアルバイトの人ならば、尚更収入も不安定ですし、いつ仕事を辞めてしまうか分かりません。今月は返したけど来月は返せないというトラブルを避けるためにも、業者側はアルバイトやフリーターで、その仕事先を何度も変えているような人も審査に通りにくくなることがあります。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ
このエントリーをはてなブックマークに追加