理由を知るのは非常に困難です。カード会社や銀行には審査基準や落ちた理由を明らかにする法的な義務がないからです。

申し込み先の銀行やアコムなどのカード会社に審査結果を直接尋ねたことがある方もいらっしゃるかもしれません。おそらく、「当社の規定により」という暖味な回答しか戻ってこなかったのではないでしょうか。どうして審査に落ちたのでしょう? その理由は、銀行やカード会社などの融資担当者にしかわからない、というのが現状です。

 

ローンやカードの審査基準が詳しく明示されているのであれば、判断は容易でしょう。なぜカードが発行されないのか、あるいはローンが組めないのか、という理由が、それを見てご自身である程度、想像がつくかもしれません。しかし、カードの場合は特に、簡単な申し込み用紙に記入するだけで申し込み手続きが完了してしまい、基準も明示されず、その結果には理由も付されません。故に、審査に通らない理由が思い当たらず、カード会社に対して疑念を抱く方も少なくないのではないでしょうか。

 

それどころか、「自分には何か重大な欠陥があるのではないか?」と、なんら思い当たる節もないのに不安になる、なんらかの事故情報が流れているように感じてカードを申し込むこと自体が怖くなってしまう、そんな方もいらっしゃいます。

 

正直なところ、カード審査に落ちるというのは、さまざまな要素が重なり合っての結果であることが多く、ズパリ「落ちた理由はコレです」と答えにくいのです。なかなか断言ができなくて歯がゆい限りですが、それが現実です。 このような事情を踏まえ、第一章では、審査に落ちる理由として考えられる要素を可能な限り追求し、「審査落ち」を避けるための方策も、可能な限り詳しく説明していきたいと思います。

「総量規制」という言葉をご存知ですか?

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由は、大きく分けてふたつあります。ひとつは過去のカード利用において、なんらかの事故情報が残ってしまっている場合。もうひとつはすでに「総量規制」の枠を超えた借入れがある場合です。 事故情報に関しては追って詳しく説明しますので、ここではまずアコムでも適用される「総量規制」について説明していきたいと思います。

 

「総量規制」とは、2010年6月4日に施行された改正貸金業法に基づくものです。年収の3分の1が個人の借入れ総額の上限となり、それを超えてしまうと、原則として新たな借入れはできない、そういった仕組みです。ただ、「総量規制」の対象になるのは、あくまでもキャッシング枠の話であり、ショッピング枠はまた別の扱いになります。ま た、銀行からの借入れや事業用資金としての個人での借入れも対象とはなりません。

 

具体的な例で言えば、年収300万円の方であれば、総額100万円までしか借入れができません。年収が1000万円もあるようないわゆる高所得者であっても、他社での借入れ額が333万円以上あると、新規の申し込みはあっさりと却下されてしまいま す。どんなに一流企業に勤めていても、どんなに立派な肩書きを持っていても、結果は同様です。

 

意外に感じるかもしれませんが、実はこの、「とにかく数字で切られる」という点、それがこの「総量規制」の落とし穴なのです。

 

仕事で日本中・世界中を飛びまわっている方は、交通費や宿泊費などがかさみ、会社からの仮払金で賄えない部分を、自分で立て替えるケースも多いのではないでしょうか。それが積み重なると、自分名義での借入れ額は知らないうちに膨らんでいきます。いざ新しいカードを作ろうという時に「総量規制」にひっかかるというケースも想定されるのです。実質的には自分の借金ではないのに、「総量規制」によって新たな借入れができなくなってしまったケースと言えそうです。

 

そういったケースではない、「計算してみたら自分の借金が「総量規制』の枠をオーバーしていた」という場合については、決して落とし穴にハマるということではありません。

 

このような場合は、改正貸金業法の趣旨に徹して、「これ以上、クレジットカードを作らないほうがよい」ということになります。

 

自分が今どれぐらいの金額を借り入れているか、把握するいい機会です。仮に、「総量規制」によってカードの審査に落ちてしまった場合は、その時点で、「計画的な利用・現実的な収支計画」をあらためて考え直すことが重要です。審査落ちはひとつの危険信号でもあるわけです。