30日間無利息はむじんくんでももちろんOK

アコムの30日間金利0円サービスを利用すると最大30日間の利息分の節約ができます。

 

このサービスはアコムと初めて契約した方に限り利用する事が可能です。アコムで初めて借りる方には魅力的なメリットです。
アコムの30日間金利0円サービス

アコムの30日間金利0円サービス提供の目的は?

なぜ30日間金利0円サービスを提供するのかその理由は顧客獲得が目的だからです。サービス目当てでも良いのでまずは契約して貰います。2度3度お金を借りる必要があった際、殆どの方で契約済みの消費者金融を利用します。

 

そのほうが新たに審査を受けたり契約する手間が掛からないからです。その時は通常通りの利息を頂けば十分収益アップに繋がると考え、このサービスを提供しています。

35日ごとの返済期日を選ぶ事が必要

アコムの30日間金利0円サービスを利用するには35日ごとの返済期日で契約する事と言う条件が付いています。次回の返済期日は返済した翌日から35日後と言う特徴があります。

 

アコムでは毎月指定期日と言う返済期日も用意しています。この返済期日では月初めから月終わりまで都合の良い日にちを指定できます。

 

1日を指定すれば毎月1日が返済期日になると言う事です。毎月同じ日にちなので忘れにくい、給料日の3日後くらいに指定しておくと返済しやすいと言うメリットがあります。

 

計画的に返済したいと言う時に向いている返済期日です。35日ごとの返済期日はそれに対して毎月の返済期日がバラバラになります。しかし35日の間ならいつでも良いので都合の良い日に返済できると言うメリットがあります。

 

その代わりに35日ごとのサイクルで返済していくと、毎月指定期日より利用日数が増えるため利息の支払い分が増えると言うデメリットがあります。35日後の返済期日を待たずに小まめに返済して利息の支払い分を節約したいと言う時に向いています。

30日間金利0サービスの注意点

アコムの30日間金利0サービスを利用する時には一つ注意点があります。それはこのサービスで金利0になる期間は契約日の翌日から30日間と言う点です。

 

アコムと契約後、しばらくお金を借りなかった場合はその日数だけ期間が目減りします。契約後10日過ぎてから借りると20日間だけ、契約後20日過ぎてから借りると10日間だけになってしまうのです。

 

契約後30日以上お金を借りなかった場合は期間が無くなってしまい、メリットの享受ができないです。即日融資を受けた場合はまるまる30日間金利0円となります。

 

金利0円の期間中に全て完済すれば利息の支払い分は0円になります。もし期間中に完済できなくても通常通りの利息に戻るだけです。

 

次回からの借入も通常通りの利息となりますので事前に把握しておいて下さい。

申込みブラックにも注意

1度だけしかアコムの30日間金利0円サービスは利用できませんが、他の大手消費者金融でも無利息期間のサービスを提供しています。

 

アコムの金利0円サービスを利用後、次回からの借入は他の無利息期間サービスを提供している消費者金融に替えると言う方法があります。しかし短期間に何社も申込みすると信用情報に申込みブラックとして記録されてしまいます。

 

申込みブラックになると一定期間、金融機関の審査に受からなくなってしまいます。1か月に3社以上申込みすると申込みブラックになると言われており、お金が必要な時に借りられなくなるので注意が必要です。

30日を過ぎたらeメールサービスに登録して返済漏れをなくしましょう

アコムの返済メールサービス
毎月の返済期日がバラバラになると忘れやすくなります。もし返済期日に遅れてしまいそのまま放置すると遅延損害金が発生する事があります。

 

遅延損害金は返済を遅延した事に対するペナルティーです。元金と利息の支払いとは別に請求されますので返済期日のうっかり忘れには注意したいところです。

 

そんな時でもアコムでは返済期日をメールでお知らせするサービスを提供しています。

 

eメールサービスに登録すると返済期日3日前と当日、返済期日を過ぎた後でもメールが届きます。届いたメールを日々チェックしていれば、うっかり返済期日を忘れていても大丈夫です。

 

返済期日までに返済出来なかった場合、アコムから電話がかかってくる事があります。家族に知られると困ると言う方でも担当者個人名で電話をかけてくるので大丈夫です。

 

電話連絡では困ると言う時は希望すると郵送での連絡に変えて貰えます。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ

アコムの豆知識

利息制限法で上限利息が決まっている

消費者金融の利息は利息制限法により上限が決まっています。

 

利息制限法では借入額に応じて上限利息が変わる仕組みになっており、10万円未満の借入額で年20%となっています。10万円以上100万円未満の借入で年18%、100万円以上の借入で15%となっており、最大でも年20%の利息となります。

 

2010年6月に貸金業法が改正され、利息制限法の上限を超えた貸付は禁止されました。もしこの上限を超えて貸付すると罰則が適用されるため、消費者金融ではこの上限を守って貸付しています。

 

中堅消費者金融では最大金利年20%、大手消費者金融では最大金利年18%と言う場合が多くなっています。アコムでは最大金利年18%に設定しています。

利息は日割計算

消費者金融の利息は日割計算で付くのが基本です。借入額×実質年率÷365×利用日数=利息と言う計算式で求める事が可能です。

 

利用日数分だけに利息が付きますのでなるべく利用日数を少なくするのが利息分の支払いを抑えるコツとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加