まずは会員サービスに登録して、アコムの利用を行いましょう

少しでも利用することによって、信用してもらうことが一番大切です。アコムを実際に利用していないと、当然限度額を増額することは全く出来ません。

 

手続きとしてはアコムの会員サービスから、増額の申込みを行えばいいだけです。

 

これだけで増額をすることが可能となりますが、審査の最終判断はアコムに任せることとなるため、場合によっては認められない可能性があります。

 

また限度額が下がる可能性もあるので、収入が減っている状態で申込みをするのはよくありません。収入を増やしてから申込みをすることが必要であり、足りない状態で申込みをすると痛い目に合う可能性があります。

アコムは追加の借り入れも可能

この追加というのは、どのような状態でも利用することができますが、限度額の範囲内でなければ借りることができません。

 

既に限度まで借りている状態を作っているなら、それ以上の借入は出来ないのです。アコムは可能な範囲であれば何度利用しても構いませんし、返済途中でも追加の借入は認めています。限度額が小さくて困っているのであれば、会員サービスを有効に使い、信頼させつつ増額を狙うことになります。

極度額と限度額は違いますがどちらも増額は出来ます

アコムを利用すると極度額と限度額という言葉を耳にすることがあると思います。

 

この2つの意味の違いは何なのかというと、極度額は契約限度額とも言われその人が借り入れできる上限金額です。通常は総量規制があるので年収の3分の1が極限額となります。

 

限度額はその極限額の範囲で現在利用できる額です。例を挙げると極限額が100万円で限度額が30万円なら、30万円の範囲内で借りたり返したりを継続出来ます。

 

限度額は契約書を書き換えすること無く増額出来るのでスムーズにいきます。限度額の増額は利用者側から希望するパターンと、アコム側から提案するパターンがあります。

 

利用者側からの希望する場合は審査に2日、3日掛かります。しかも、増額希望の審査で落ちることも多いので、急ぎの場合は他社に新規で申し込んだ方が早いです。なので最初から多めの限度額が確保するようにしましょう。

 

アコム側から提案の場合はメールでお知らせがあり、増額を希望すれば審査になります。アコムから提案されたのに審査に落ちることもあります。

 

また利用者が希望する前にすでに増額審査がOKな状態で、提案してくることもあります。その場合は希望すればすぐに増額されます。

 

極度額の増額は再契約になるので多少煩雑になります。それと総量規制一杯までが設定されているので、年収が上がっていることが絶対条件になります。

 

一般の利用者が極度額の増額を求めることは殆どありません。何故なら面倒くさいからです。極度額を上げてもらうための再契約には審査が必要ですし、上がってもそれほど上がらないことが殆どだからです。

 

つまりこの場合も他社から新規に借り入れしたほうが圧倒的に楽で早いのです。ただし他社からの借り入れは早くて楽ですが、多重債務の入り口になるので計画性のない人は注意が必要です。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ
このエントリーをはてなブックマークに追加