アコムのスピーディーな申込方法について

スピードで申し込む

今では、アコムのむじんくんで申込んでもインターネットから申込んでも同じく審査は最短30分、申し込みから契約までにかかる時間が1時間前後というところです。

 

担当者と相談しながら契約したい場合には、店頭という方法もありますが、自動契約機のむじんくんにも備え付けの電話がありますし、インターネットでも申込みながらフリーコールに電話するという方法もあります。

 

ただし、即日融資が目的でスピードを重視するケースでは自動契約機のむじんくん、インターネット、電話での申込みがよいでしょう。

 

特にスピード重視でのおすすめな方法はインターネットもしくは電話で申し込んでおいて自動契約機のむじんくんで契約するという方法です。

 

これだと審査結果が出るまでの待ち時間が省略できますし、仮に審査落ちした場合でも無駄足を踏まずに済みます。

契約が完了すると

自動契約機のむじんくんでカードを取得して併設してあるATMから融資を受けることができます。もちろん、カードレスでの取引も可能でその場合には契約完了後に会員専用ページもしくは電話で振り込み依頼サービスを依頼します。

 

通常は、平日14時までには契約を完了させ振り込み依頼をすれば当日中に振り込まれます。

 

時間に間に合わなかった場合には翌営業日対応となりますので注意が必要です。

またアコムの場合には初回のみですが、振込先が三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の場合には、平日14時が平日18時までとなります。

 

さらに振込先が楽天銀行の場合には、時間は全く関係なく、24時間365日のほぼリアルタイムでの振込サービスが提供されています。

アコムで確実に融資を受けるためには

せっかくの利便性の高いサービスも審査落ちしてしまうと元も子もなくなります。どうせ申込むのなら何とか審査に通りたいものです。

 

特に、店頭や自動契約機まで出向いたのに審査に落ちたりすると無駄足を踏むことにもあります。このようなことを避けるために、アコム株式会社の公式ページで3秒診断というお試し審査が提供されています。

 

アコムのホームページやスマートフォンのアプリから利用でき、年齢、性別・独身か既婚、他社借入金額、他社借入件数の4項目を入力するだけで3秒で融資可能かどうか目安を教えてくれます。

 

実際に利用すると

  • 3秒ほどで融資可能と思われます
  • お客様のご入力情報ではお借り入れ可能か判断できません

のいずれかが表示され、前者の場合にはそのまま申し込み画面に誘導され、後者の場合にはアコムの電話番号が表示されます。

 

あくまで目安ではありますが、正確な情報を入力すると、個人信用情報に事故情報がない限りはほとんどのケースで契約可能となります。

アコムを利用する場合のデメリットについて

まず、金利が消費者金融のものですので銀行カードローンと比べると高金利となります。また、総量規制の適用を受けますので年収制限があります。これらのことからおまとめローンには不向きであると言えます。

 

また、専業主婦の申し込みを受け付けていません。さらに、振込サービスについても、楽天銀行を利用した場合のみ24時間365日対応可能ですが、他社の振込サービスにはPay-easyを利用して広範囲な銀行に24時間365日のサービスを提供しているところもあります。

 

ATMの利用についても、自社ATMについては手数料無料ですが、提携先ATMの利用については取引手数料がかかります。

アコムは銀行グループ傘下へ

サラ金時代には、大手消費者金融の一角として大成長を遂げたアコムでしたが、サラ金問題が社会問題化すると貸金業法が改正され一気に経営難に陥ることになります。

 

いわゆるグレーゾーン金利の過払い金返還請求の急増から資金不足状態となり、遂に自力での再建をあきらめ三菱東京UFJ銀行グループ傘下となりました。

 

最大手銀行の資金力を背景に一時の経営難を脱すると、折しも銀行の個人向けローン商品への参入というタイミングも重なり、三菱東京UFJ銀行グループの個人向けローン商品の中核として存在感を発揮することとなり、再び、消費者金融業界のトップに躍り出てくることとなりまます。

 

今では、数あるカードローン商品の中でも有数の利便性の高い商品として存在感を発揮しています。

 

アコムを申し込むには、店頭、むじんくんで有名な自動契約機、電話申し込み、郵送に加えて、人気のインターネット申込もできます。

 

サラ金時代には、申し込みといえば店舗というのが常識でしたが、はやり借金で対面営業というのはどうも恥ずかしいということもあり、特に女性の場合などにはそれが原因で申込みを躊躇する人が多くいました。

 

この問題解決に登場したのが、アコムのむじんくんという名の自動契約機で、テレビCMでも有名になりましたが一世を風靡することになります。この自動契約機の登場で、サラ金業界は頂点を迎えることになりました。

 

そして、経営難を克服した現在では、インターネット時代の到来からインターネット申込みと言う方法が急速に普及していすこれは、簡単に言うと人気の自動契約機での申し込みが、インターネットの発達によりパソコンやスマホートフォンなどの端末からできるようになったということです。

 

つまり、通信環境さえあれば、自宅からでもどこからでも、また、営業時間も気にすることなく申込みができるようになったということです。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式サイトへ

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ