'; ?> 事前に通らない理由を見直す|アコムまるわかり!アコムの審査や店舗を徹底ガイド

事前に通らない理由を見直す

キャッシングで審査が通らない理由は必ずあります

借りたいのに審査が通らない。ここでは、キャッシングで審査が通らない理由についてお話しします。まず、キャッシングの審査基準についてお話しします。

クリアしなければならない条件

  • 一定の収入がある事。(収入を証明出来るものがある事)
  • 住所が分かる事。(免許証や保険証等)
  • 連絡先が分かる事。(携帯電話等)
  • 過去5年以内に金融事故をしていない。(クレジットカードの料金滞納等)

まず、この条件をクリアしなければ、キャッシング審査は通りません。

審査を申し込む時のあなた自身の状況

キャッシングを申し込む時のあなた自身の状況として、次の3パターンに分かれます。

  1. キャッシング(主に消費者金融や銀行カードローン)を始めて利用される人
  2. 既に1〜4社から借入があり、新たに申請しようとする人
  3. 5社以上の借入がある人

@の方は「クリアしなければならない条件」を満たせていれば、ほぼ間違いなく借入審査は通ります。A、Bの方については、更に以下の条件を満たせていなければ審査は通らないと考えられます。

既に総量規制(年収の1/3の借入がある状態)に達している

総量規制は、消費者金融(アコム、アイフル、レイクなど 、主に消費者金融と呼ばれる機関)にその規制が引かれており、法律により1/3以上の貸金が出来ません。銀行カードローン(楽天銀行、オリックス銀行など)は、適用除外となります。

他社の返済が滞っている。または返済が遅れている

返済が遅れている=返済する能力がなくなっていると判断されます。

上記に該当しなくても審査に通らない理由

では、前項の2つに該当しないのに、審査におちてしまう理由について説明します。

申請時に虚偽の報告をする

年収や借入業者数を偽って報告する事などです。貸付を行う業者(消費者金融や銀行)は、あなたからの申請だけではな く、消費者信用機関により、あなた自身の借入歴や現状をすべて知り得る事が出来ます。あなたが虚偽の申請をしても、あなた自身の状況はまる分かりなのです。そのため、虚偽の申請をすれば、当然信用を失い審査に落ちる可能性が高いと言えます。

借入業者数が多い先ほど不利

先ほどのAとBの方に該当する項目ですが、新たな借入を申請する時、既に借入している業者数と借入総額について審査されます。基本的に、借入総額が多いという状況より、借入業者数が多い状況だと審査は通りにくくなります。理由は、借入先が多ければ多いほど、既に融資している業者からあなたが信用されていないと判断されるためです。200万円の借入がある人でも、その総額が2社からなのか、3社からなのか、4社からなのか。数が多ければ多いほど、審査には通りません。

返済状況が悪い

返済状況でも大きく左右されます。これもAとBの方に該当しますが返済をしてもすぐに借入をしているという状況が続いていると、いわゆる自転車操業に陥っていると判断され、審査は通りにくいと言えるでしょう。

申し込み前に既に3社以上の審査で落ちている

いわゆる申し込みブラックの方です。過去3ヶ月以内に他社の申請に3回以上落ちている方は、他で断られている事が分かるため審査は通りません。

では、消費者金融ではなく、銀行カードローンではどうか?

総量規制適用外とは言え、銀行カードローンの方がより審査は厳しいです。上記の状況になっている申請者は、門前払いのように融資不可と判断されます。

審査とは、融資をする立場になって考えた時に、あなたが本当に信頼をおける人かどうかを審査するという事です。また、街金と呼ばれる、言わば中小企業のサラ金があります。街金は大手消費者金融や銀行カードローンなどより審査基準は甘いと言われますがそれでも、前述の通り、基本的な審査基準は同じです。特に自転車操業になっていると見てとれる方は審査はほぼ通らないと言えるでしょう。


このページURLをコピーしておく