カードローンの総量規制とは言っても必ずしも本人の年収だけで決まるわけではありません

総量規制

知っている人も多いかも知れませんが、カードローンには総量規制があります。

 

これは、2006年から施行されている現行の貸金業法による決まりで、個人に対しての無担保融資はその人の年収の1/3が限度だという規定です。

 

カードローンは銀行や消費者金融から提供されていますが、銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用される為カードローンも総量規制の適用外となります。

総量規制とカードローン

原則的に銀行以外のカードローンは全てこの対象になります。例えば年収が300万円の人の場合、借り入れを行えるのは100万円がその限度です。

 

この年収の1/3というのは1社から限度ではなく、全てのカードローン、及び類似の無担保キャッシング契約を合計した金額で、クレジットカードを利用したキャッシングもこれに該当する1つです。

 

よって、既にカードローン以外のキャッシングでの借り入れが年収の1/3に達してしまっていると、カードローンの契約を行うことはできません。その近くまで借りている場合も同様で、契約はできても限度額が小さくなってしまいます。

与信枠に気を付けてください

総量規制は与信枠を基準にして計算されます。この与信枠とは、カードローンの限度額やクレジットカードのキャッシング枠のことです。

 

例として、限度額が50万円のカードローンの契約を行っていて、更にキャッシング枠が30万円付いたクレジットカードを持っていると、80万円の与信枠となります。実際にはどちらも契約をしているだけで一切借り入れを行っていない場合でも、既にこの与信枠の80万円の借り入れを行っていると判断されます。

 

つまり、年収が300万円の人が上記の状態だと、あと20万円までしか無担保融資を受けることができないということです。

 

カードローンやクレジットカードは利用しなくなっても解約しない限り、この与信枠としてずっと残ります。全く借り入れがない状態でカードローンの申し込みに落ちてしまった場合、これが原因かも知れません。

総量規制は配偶者と合算できる特例があります

総量規制は原則的に各個人に対しての規定ですが、夫婦に限りお互いの収入を合算しその1/3まで借り入れが行える特例があります。これが利用できる借り入れ制度を”配偶者貸付制度”といい、主に消費者金融で利用することができます。

 

ですが、実際にはこの配偶者貸付制度による融資を行っていることは稀で、大手の消費者金融ではどこでも採用していません。この制度を利用した借り入れを行いたい場合、中小の消費者金融を利用することになります。

銀行でも利用できます

銀行のカードローンには貸金業法が適用されない為元々総量規制は関係ありませんが、この配偶者貸付制度の仕組みを応用して、夫の収入を元にした専業主婦への融資を行っています。

 

この場合の限度額はそれほど大きくならないことがほとんどです。夫の年収が高い場合でも30万円程度に固定されていることが多く、消費者金融ではこの制度が利用できる場合でも契約者自体が無収入の場合はその限りではなく、まず契約することはできません。

 

これらの理由として、カードローンの利用は原則的に自身に収入があることが条件だからです。

消費者金融のようで実は違うレイク

レイクのカードローンはテレビのCMでも有名ですが、このレイクは消費者金融ではなく銀行のカードローンの為、総量規制が適用されません。

 

レイクは元々は大手の消費者金融でしたが、新生銀行にその貸金業務が移管され、現在では銀行のカードローンです。消費者金融時代の自動契約機やATMなどの施設ごとの移管なので、数ある銀行のカードローンの中でもとても使い勝手のいいカードローンだと言えます。更に総量規制の適用もないので、場合によっては年収の1/3を超える借り入れを行うことができます。

総量規制が適用されない場合でも…

このレイクのような銀行のカードローンを利用すれば総量規制は関係ないので、年収の1/3を超える借り入れをしたい場合は銀行のカードローンを利用すればいいと考えてしまうかも知れませんが、実際にはそういうものでもありません。

 

いくら総量規制が適用されないとは言っても、とても返済できないような大金を借りることはできません。これは審査内容次第になりますが、銀行のカードローンを利用しても現実的には最大でも年収の1/2程度までが限度だと考えておいてください。担保や保証人があるローン契約は別ですが、無担保融資では総量規制に関係なく、これくらいが返済が行える限度だと考えられている為です。

総量規制が作られた背景
冒頭にも書きましたが、総量規制は2006年から施行されている規定です。

 

それまでは返済能力を超えた借金を作り、債務整理や自己破産を行う人が年々増加していたことから、その事態に歯止めを掛ける為に比較的近年から採用されているのがこの総量規制です。この規定により、それ以前より多重債務による債務整理や自己破産は減少傾向にあります。

総量規制の範囲内であればいくら借りても全く問題がないという訳でもありません。当然ですが、借りたお金は金利を付けて返さないといけません。

 

カードローンなどによる借り入れは、総量規制とは別に、自分が返済できると思われる範囲までにしておくことが大切になります。