アコムでお金を借りる理由ナンバーワンは生活費の不足です

お金が足りていないのはあなただけじゃありません!

 

では実際に毎月どのくらいのお金がかかっているのかを計算してみましょう。

 

その中で節約するものが見つかれば良いですし、アコムでお金を借りるにしても返済額をシミュレーションすることができます。

 

「計画的な返済」をするには事前の計算は不可欠です。

生活費にどれくらい影響が出るのか計算してみましょう!

必須な生活費
家賃
(駐車場代・管理費など含む)

住む場所の条件によってピンキリです。 都心であれば70,000円程度あればなんとか不便がないラインでしょう。

ただし家賃は給料の手取り額の3/1以下で抑えないと厳しい生活になってしまいます。

水道・光熱費
電気
水道
ガス

季節によって変わる水道・光熱費ですが、まとめて10,000円程度で見ておくとよいでしょう。

気を付けたいのはガスはプロパンガスと都市ガスで大きく値段が変わってくること。

プロパンガスは場合によりますが、3割増し程度か、高い場合は2倍以上となってしまうケースもありますす。引っ越しする際の業者選びは重要です。

食費
1日
× 30日

一人暮らしの食費は30,000円程度という見方もありますが、30,000円はかなり節約しないと厳しい金額です(1食333円?!)。

そのため、普通に考えた時の食費を予想するには、一日の食事を振り返って見るとよいかもしれません。

例えば
朝:食パンにハムとチーズ = 100円
昼:コンビニ弁当+飲み物 = 600円
夜:ラーメン = 800円
ぐらいだと月45,000円程度になります。

もちろん毎日食べるものは変わりますが、少し大めに見積もっておいた方が安心です。
当然ですが自炊をすれば安くはなります。
しかしながら、ひとり分の食事を作るのは案外面倒だったりします。

単価的に材料費が高くなったり、食べたいものは材料も結構高かったりします。
意識して節約しないと頑張って作っている割にはあまり食費は安くならないこともあり得ます。

通信費
(スマホ・ネット)
スマホ(携帯)
ネット

携帯代は大手でも6,500円程度からとなっているのですが、機種の分割払いとか含めると8,000円程度になることが多いようです。

MVNOによる格安スマホも増えてきているので、厳しい場合は変更を検討しましょう。

また、ネット料金は光回線+プロバイダなど5,000円程度で見ておきましょう。

生活日用品
(キッチン・お風呂・トイレ用品 など)

洗剤、シャンプー、ごみ袋、トイレットペーパーなど毎月は買わないけれども定期的に必要となるものです。

その月に、買う、買わないがある為、毎月変わってきますが、大体平均して3,000円くらいは見積もっておきましょう。

その他の生活費
交際費
飲み会
×

個人差がありますが思いがけずお金がかかっている交際費。

会社の飲み会 = 月2回
+
土日に友人と遊ぶ = 月2回
程度だとすると大体月20,000円くらいです。しかし

金曜は毎週飲む = 月4回
+
土日の1日はデート = 月4回
とう言う感じだと1回5,000円程度だとしても月40,000円を超えてきます。

よく飲んだり、遊んだり、デートしたりする人は注意が必要な項目です。

嗜好品(たばこ)
たばこ
×

時代背景もあり価格がドンドン上がるたばこ。お金が結構かかっていてもやめられないですが…。

例えば
メビウス 430円 × 週4箱 = 6,880円

テレビ視聴料
(ケーブル・NHKなど)

最近ではTVがない家も多いですが、お金と時間に余裕が出てくると有料放送でスポーツや海外ドラマを観たくなったりするものです。

最近ではHuluやNetflixなどの配信サービスだったら1,000円程度なので、今までより価格を抑えていろんな番組が楽しめます。

例えば
NHK地上&BS 3,590円 + スカパー!4,093円 = 7,683円

保険料

生命保険は一人暮らしだと入っていない人も多いですが、なにかあった時を考えて入るのも大事です。

なお、保険料は人それぞれで違うわけですが、男性で平均21,000円、女性で平均15,000円となっているようです。

その他
(キャッシング、ローン、ジム、ガソリン、ペット、ローン、通院費など)

その他、毎月出ていく支出として分かっているものがあれば入れましょう。

必須の生活費
+
その他の生活費
=
合計

この合計金額があなたが一人暮らしでひと月に必要な生活費です。

残りのお金は貯金するなり、服を買うなり、旅行をするなり好きに使いましょう。

ただし、予定外の出費、例えば、プレゼント、冠婚葬祭、医療費、賃貸の更新料、家電が壊れるなど思わぬ出費はつきものです。

ボーナスがある場合は上手くいったりしますが、ボーナスを遊んで使い切ってしまうと、急な支出があったときに大きく足りなくなったりします。その為、常に余裕をもった生活が重要です。

また、万一、生活費の合計がすでに自分の手取り額を超えている場合、大変危険な状態です。何かを節約するか副業をした方が良いかもしれません。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式サイトへ

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ