ブラックリストというより信用情報機関に登録されている利用者の情報がそう判断される話です

アコムを含めカードを利用しているすべての方の情報が信用情報機関の「リスト」に載っていると言えます。

 

あえて簡易に表現するのであれば「事故情報の登録」こそが「ブラックリスト」という言葉に値するのかもしれません。

 

ですから「自分はブラックリストに名前が載っているから、もうクレジットカードを作れない」という表現もいささか正確性を欠いていると言えそうです。

 

ちなみに信用情報機関というと「CIC」が有名ですね。
信用情報CIC
自分自身でも信用情報を確認することが出来ます(有料)。気になる方は一度見てみても良いかも知れません。

たしかに事故情報が残っていれば審査も通りにくくカードは作りにくくなります。その期間内は新たな借入れも困難になります。

 

破産をしたばかりの人は「破産をした」という情報が登録されていますので、原則として銀行もアコムのようなカード会社も審査の段階で融資はしてくれないでしょう。

関連記事アコムは多くの金融機関の保証業務も行っています

アコムが保証会社の銀行は10社以上

逆に「事故情報が載っていると、絶対に貸してはいけない」というルールもないのです。どういうことかというと、たとえ事故情報が残っていたとしても、それをもって法律上絶対に「カードが作れない」ということでは決してないということです。

 

信用情報機関に残された事故情報は、あくまでもカードを発行しても大丈夫かどうかの審査基準のひとつに過ぎないからです。

 

もちろん事故情報は大きなマイナスポイントと言えますが、最終的にカードを発行するか否かを決めるのは銀行やカード会社の審査を行う融資担当者です。

 

過去に多少の延滞があったとしても、現在の収入が安定していて、それ以降延滞の記録が残っていなければ「今後支払い遅延のリスクは低い」と担当者が判断し、カードを発行してくれる可能性はあるのです。

 

なのでブラックリストというものはカード審査の絶対的基準ではありません。

ブラックリスト

 

あと気になるのはブラックリストを過度に怖がる方がいることです。

 

これもまたいささか過剰反応の感が否めません。是非とも正しい知識を持っていただきたいと思います。

 

ブラックリストが及ぼす影響は、あくまでも一定期間です。その期間が過ぎればブラック登録は解除され、新たにカードを作ることが可能になります。

 

ブラックリストに載ったことのみを理由に就職が不利になるなんてことは考えにくいですし、追って述べる通り法律上職業の資格制限があるのは破産した場合の一定期間だけです。

 

またブラックリストに載ってクレジットカードが作れなくなっても便利なカードがすべて使えないわけではありません。

 

VISA付きのデビットカードでインターネットショッピングのカード決済はできます。車に乗る方であれば、ETCの利用にクレジットカードがないと困ると考えるかもしれませんが、ETCパーソナルカードというクレジットカードなしで利用できるETCカードもあります。

 

ブラックリストに記載されカードを作れなくなることを過度に気にして心配する必要はないのです。このように前向きに考えていただくことも必要かと思います。

 

カード会社の審査を待たずとも、審査に通るか否かの目安は、これらの項目を検討することによってある程度わかるはずです。仮に、最初から絶対通りそうにないとわかっていれば、いたずらに申し込みを繰り返してその麗歴を残すことだけは、避けたほうがいいと言えるでしょう。

「ホワイト」でもカードは作りにくい?


ブラックの対義語は「ホワイト」ですね。この「ホワイト」という言葉はカード業界でもブラックリストといわば逆の意味で使われています。

 

何が「白」なのかというと、これまで一度もクレジットカードを作ったことがなく、クレジットの使用実績や履歴がまったく白紙状態にある状態のことを指します。

 

普通に考えたら、カードの支払いでトラブルを抱えていない安心できる人物のように思えます。しかし「ホワイト」の状態がクレジットカードを作る際に必ずしもプラスに作用するとは言えません。

 

時にはこれが原因で審査に落ちてしまうケースもあるのです。それはなぜでしょう?

 

もちろん20代の若い方であれば年齢的にクレジットカードを作ったことがないとしても不自然ではありません。しかし40代、50代になって一度もカードを作っていない「ホワイト」の方は「カードを作らないこと」の理由がいささか不明です。故に逆に審査によっては不安材料になる場合もあるのです。

 

たとえば事故情報が現在は残っていないものの、十年以上前に何か信用情報にまつわる大きな事故を起こしたために長期間カードを持てなかった、そんなことも考えられるわけです。

 

ブラックリストに載っているほうが、どんなタイミングでどんなトラブルがあったかが逆にわかりやすいという側面もあるんですね。

 

「ホワイト」の場合信用情報に関する判断材料がそもそも存在しないので、審査をする時にむしろネックになるそういう事情はありそうです。これまでにいわば現金至上主義を貫いてカードを作らないできた方が審査に通らないというケースもありえることになります。

 

「ホワイト」が何か悪いということはまったくありません。審査の際に不安材料となりうる、ただそれだけです。

 

「ホワイト」なのにカードを作れないという方は何か悪いことをしたように感じなくても大丈夫です。

 

日常生活に何も不都合がないのであれば、無理にカードを作ろうとして申し込みを繰り返すよりは、そのままカードを作らないという方法も、とても健全な生き方といえるのではないでしょうか。

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式サイトへ

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ