これで完璧!ACマスターカードはカードローン+キャッシング+クレジット機能がついた最強カードなのです

ACマスターカードをオススメしたいのはこんな人!

アコムってそもそもカードローンを使いたくて申し込むのになんでクレジットカードを?

 

確かにそうです。

 

ですがカードローンを利用しようと思っているけど同時にクレジットカードとしても使えたら便利!と思いませんか?

 

アコムのACマスターカードはカードローン同様、最短即日発行が可能なので

  • 今すぐ欲しいものがあるけどキャッシングじゃなくてクレジットで払いたい
  • 急いでるけど手持ち現金がないからクレジットカードで支払いたい!
  • いずれクレジットカードのキャッシングを利用するけど限度額は高い方がいい

という方々にもニーズのあるクレジットカードなのです。

 

しかし一般的にカードを申し込む時は「急いで」とか「限度額は高いほうが」というのは一般のクレジットカードでは指定できないものばかり。

 

特に審査から発行までにかかる時間は早くても数日、遅いと2週間なんてザラにあります。

 

ですがアコムはカードローンで実績がある審査方法やカード発行がスグにできる設備ネットワークのメリットを活かし、他のクレジットカードでは真似の出来ない特典をつけることに成功しているのです。

 

またアコムはカードローンが主力の会社なので、このサイトを見ている方もカードローンをご検討されていると思います。

 

ですから急いでて限度額も高くしたくて、さらに以下のようなケースで迷った時にはACマスターカードという選択肢もありだと思います。

  • 欲しいものがあってアコムでお金を借りようと思っているけどクレジットカードで支払いができるものだしなぁ…
  • クレジットカードならお金の使いみちが明細に残るけど、カードローンだと何に使ったか忘れちゃう

そうした場合に役立つのがアコムのACマスターカードなのです。

ACマスターカードのメリット・デメリット

本当は他のクレジットカード同様に特典もいろいろあって、しかも早い!という利便性も兼ね備えてると良いのですがなかなかそうは行きません。

 

利便性を追求するとそれだけ慎重に審査を行うため時間も長くなりますし、費用もそれなりにかかってしまうものです。

 

よって便利だけど不便という一見矛盾するような内容があるので、メリット・デメリットは使い方によって変わる場合があります。

メリット
  • 月の利用額から0.25%キャッシュバック!
  • カードデザインがアコムっぽくない
  • 最短即日発行・審査は業界最速最短30分
  • パート・アルバイトでも申込可能
  • 利用明細がWEB上で見れる
  • 入会金・年会費無料が永久無料
  • 支払い楽々自動リボ払い
  • ショッピングの限度額は100万円〜300万円

嬉しいキャッシュバック

デメリットにもありますがアコムのACマスターカードはポイント還元や保険付帯などクレジットカードでは多く採用されている付帯特典がありません。その代わり月々のご利用金額に対しキャッシュバックを行ってくれます。

カードデザインが目立たなくていい

アコムマスターカード

アコムのカードローン用のカードは目立たなくしているとは言えあまり見かけないデザインですから、なんとなくバレてしまいます。

 

ですがACマスターカードはそのような表記もなくオーソドックスなデザインなので、誰にも気付かれず利用することが可能です。

とにかくスピードは業界最速

最短即日発行についてはアコムのむじんくんネットワークを利用します。むじんくんは全国に1,000台以上設置されていますが、マスターカードの発行機能がついているものが612台(2017年11月現在)もあるのでその日のうちにカードを受け取ることが可能なのです。

 

審査についても最短30分。これはアコムのカードローンと同じで独自のネットワークで審査できるので結果が出るのも早いのです。

 

お申込みについては安定した収入があればパート・アルバイトの方でもOKです。

年会費は永久に0円

年会費はクレジットカードで多いのが「初年度年会費無料」です。アコムのACマスターカードは「永年無料」です。

限度額は最高300万円

ショッピング限度額も通常は50万円〜100万円が多いですが他社の数倍の限度額は大きなメリットです。※審査により変わります

自動リボ払いはデメリットにもなりかねませんが金利は低め

ACマスターカードのリボ払いにおける実質年率は10.0%〜14.6%ですが、大手クレジットカード会社などは同様のケースでは15%ということがほとんどです。

 

リボ払いで使っていきたい!という方にはメリットとなりますが、一括で払いたい!という方にはリボ手数料が加算される分デメリットとなります。

デメリット
  • ポイント付与・付帯保険も一切なし
  • マスターカードでブランドは固定
  • 勝手にリボ払い

一般的なクレジットカード特典はありません

ポイントを貯めるのが好き!旅行などで使える付帯保険があると嬉しい!という方にはデメリットですね。

マスターカードのみでも問題はありません

特にデメリットになることもありませんが、中にはVISA好きとか好みがあるかもしれません。ちなみにマスターカードはVISAと並んで会員数・加盟店舗数は群を抜いており、国内外問わず多くの場所で利用できます。

リボ払いの手数料

利用した金額に応じてかかる手数料は「借入残高 × 借入利率 ÷ 365 × 利用日数」です。

 

例えば購入金額5万円、実質年率14.6%で30日間の場合は「5万 × 0.146 ÷ 365 × 30 = 600円」となります。

 

基本はリボ払いですが多めの返済も可能なので出来る限り支払いしてしまえば手数料も軽減できます。

審査基準・審査時間はカードローンと同基準

申込条件 20歳以上で安定した収入と返済能力がある方。パート・アルバイトも可
ネット申込 24時間365日
むじんくん 8:00〜22:00
有人店舗 9:30〜18:00

審査時間については毎日9:00〜21:00となっています。

 

それぞれ営業時間は長くても審査時間は決まっているので、その前後は申込みに要する時間と考えればいいでしょう。

 

ネットで申し込んでおいてむじんくんでカード受け取りということも出来ます。むじんくんを使うのが前提なら先にネットで申し込んでしまえばむじんくんで待たされる時間が大幅に短縮されます。

ACマスターカードの入会金・年会費

これは大きなメリットです。クレジットカードは年会費無料というところもありますが、一定の条件付きというカードも結構ある中で永年無料というのは使わずに持っておくことも出来るので安心感も持つことが出来ます。

入会金

無料

年会費

無料

ちょっとややこしいカードの利用可能額

カード利用上限は「カードローン契約極度額」または「クレジットご利用限度額」のどちらか高いほうの金額です。

 

カードの利用上限額の中ならカードローンでもクレジットカードとして利用できるので使い道に合わせて自由に利用できますが、カードローン・クレジットともに使える金額は極度額または限度額までとなります。

カードローン極度額とクレジット限度額が同じ場合

例えばカードローン極度額50万円、クレジット限度額50万円の場合、そのカードで使えるのはどちらか高い方の金額と言っても同額なので50万円までです。

 

しかもこの場合、使用する比率を変えても問題ありません。カードローンとクレジット合わせて50万円まで使用可能です。

カードローン極度額とクレジット限度額が違う場合
カードの利用上限 極度額または限度額の高い方の金額
カードローン可能金額 カード利用上限内でカードローン極度額まで
クレジット可能金額 カード利用上限内でクレジット限度額まで

例えばカードローン極度額15万円でクレジット限度額が35万円の場合

  • カードの利用限度額:35万まで
  • カードローン:15万円まで
  • クレジット:35万円まで

となるので

  • カードローン15万円+クレジット20万円
  • カードローン5万円+クレジット30万円
  • カードローン1万円+クレジット20万円

というように、カードローン・クレジットそれぞれの上限額でありながらカードの上限内であることが条件です。

申し込みに必要な書類

なんと運転免許証だけ!

 

あれもこれも用意しなきゃ…と思いがちですが非常にシンプルです。但し条件により収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要となる場合があります。

発行後の利用方法

当然クレジットカードですので多彩な支払に使えます。

  • スマホの料金
  • ネットでのお買い物
  • 旅行代金
  • マクドナルド

などなど多彩に使えますし、キャッシングについてもコンビニATM等で利用できます。

 

また、マスターカードブランドなので国内に限らず海外でも活躍します。

CHECK

カード使用時に支払回数を聞かれたら『1回払い』と答えましょう

 

利用時に支払方法(1回払い・リボルビング払い)を決める必要はありません。仮に1回払いと伝えても自動的に「リボルビング(分割)払い」となります。


支払方法・金額・締日

利用料金の支払は35日毎の支払い・毎月指定日支払い・口座引落の3通りあります。返済期日に関しては契約後でも変更できるので都合に合わせて変えましょう。

35日毎支払いの場合

アコムマスターカード

アコムでのオーソドックスな支払い方法になります。

 

新規の利用分を毎月20日で締切り、翌月7日から起算して35日以内を第1回目とし、以降は支払をした日の翌日から起算して35日以内となります。

毎月指定日の場合

返済期日は利用される方自身が希望した毎月の指定日です。

口座引落の場合

口座引き落としの場合、アコムの返済期日は「毎月6日」です。締日(毎月20日)の翌月6日、以降毎月6日に口座引き落とし(口座振替)となります。
※6日が金融機関の休業日の場合は翌営業日が口座引落振替日です。

POINT初めてアコムを利用するなら35日ごとの返済期日がおすすめです。

 

「35日ごと」の返済期日であれば35日以内に「いつでも」都合に合わせて返済できます。

 

また毎月20日までのクレジットのご利用分(新規利用残高)を翌月6日までに支払えば手数料はかかりません。

クレジットの締日は毎月20日です

土日祝の場合は前営業日が締日です。

リボルビング払い専用とは

クレジットカードの支払い方法には1回払いや2回払いといった支払い回数を指定する方法と、利用した金額に関わらず毎月一定の金額を支払っていくリボルビング払いがありますが、このACマスターカードはリボルビング払い専用のカードになっています。

POINT支払い回数を1回と指定した場合でも必ずリボルビング払いになります。支払い時に支払い回数を考える必要はありません。

ショッピングでの利用だけでなくキャッシング枠を利用した場合でも同様です。この場合も必ずリボルビング払いになります。

 

これはアコムマスターカードならではなのですが、リボルビングでの支払金額は最小支払金額がアコム会員サイトで確認でき、多めに返せる時はその都度千円単位で支払金額を増やせます。

 

できるだけ早めに返してしまうことより手数料も削減することが可能です。

メリット
  • 自動で分割払いになるので一気に支払いをしなくて済む
  • 月々の支払金額は最低金額以上なら千円単位で決められる
  • アコムのリボ数料は14.6%。大手は15%がほとんど

デメリットはやはり手数料。これは計画的に支払いをしないとダラダラと長く払い続けることになってしまいます。

デメリット
  • 他社より低めと言ってもやっぱり手数料は高い
  • ボーナス一括払いが出来ない
  • 買物が積み重なると内容がわかりにくい

購入金額と大体の支払金額を考えながら利用するようにしましょう。

土日でも即日発行が可能です

これはカードローンでも同じですが、ネット申込とむじんくんを使うことで即日発行が可能です。

 

ただし、審査受付時間は9:00〜21:00なのでその時間内に手続きを行いましょう。

 

ネットで申込んだ際にカードの受取方法を「来店」にすることでむじんくんでの発行が可能になります。
アコムマスターカード受け取り

2枚目に最適アコムACマスターカード

ACマスターカードには、色んなサービスや特典はありません。ただ本来のクレジットカード機能があるカードです。

 

しかし、みんな今の時代にクレジットカードを何枚も持っている時代です。他のクレジットカードにサービスが付いていればいいわけです。何枚も同じサービスはいりません。

 

そう考えるとキャッシング金利も低く、クレジットカード機能も問題ありません。逆に限度額も大きければ2枚目に持つカードとして良いのかもしれません。

 

海外旅行傷害保険なども付いていませんが、1枚目のカードの付帯されていればいいのです。なんと言っても年会費もかかりませんし、2枚目には最適と言えるでしょう。

ACマスターカード

クレジットカードなのに最短即日発行!


【年会費無料】マスターカードのクレジットカード機能
ACマスターカード