本来は借りられる能力があるのにあっさり否決される申し込みブラックは恐ろしい

アコム申込

申し込みブラック。何となく名前を聞いた事もある人も、ない人もいると思います。そもそも申し込みブラックとはどういうものなのでしょうか?

 

簡単に書くと、一定期間に消費者金融などに申し込みを3回以上するとこの状態になります。

 

例えば1日で、4社消費者金融に申し込めば、間違いなく申し込みブラックとなり、以後申し込んだ会社は審査をする事無く門前払いをされてしまいます。

 

審査すらしてもらえないのです。

 

これは正直痛いです。この申し込みブラックの状態が解除されるには、半年間は、申し込みをしてはいけません。金融事故を起こした訳ではないので、半年間間をあければ問題ありません。これに気付かないで次から次に申し込みをしていると、門前払いの連続になってしまいます。余りの門前払いぶりに、なんで審査に落ちるのだろうと思ってしまいます。

ここは考えても申し込みブラックに気が付かないとどんどん深みにはまっていくのです。本人は自覚症状がありませんから厄介です。自覚症状があればまだましです。しかし、全く自覚症状がないケースが殆どです。どこで気が付くかによって明暗が分かれます。既に申し込みブラックになってしまっているため、審査には幾ら頑張っても通りません。本当に門前払いを食らいます。

どこで気が付くかが重要になります。流石になんかおかしいなと思ってパソコンで検索すれば直ぐに、申し込みブラックが原因だと言う事が分かります。

 

ここでそういう事か、と気が付けば問題ありません。しかし、ここで気づくのは少し遅いです。理由が分かったのは大きな収穫と言えます。申し込みブラックに辿りつかない限りいつになっても原因が分からずどうして、否決なのか?この思いだけが先行します。

申し込みブラックは1度に3社までがセーフと言う人と2社までがセーフと言う人がいます

どちらにしても、完全にセーフなのは2社までと言う事になります。私的には3社まではギリギリセーフかと思いますが、絶対にセーフのラインなら2社までですね。

 

アコムとアイフルならセーフ。アコム・アイフル・プロミスならギリギリセーフ。アコム・アイフル。・プロミス・モビットならアウトです。組み合わせはどうでも構いませんがどちらにしろ4社は完全なアウトです。

 

3社がギリギリ間一髪セーフのラインです。ここが結構難しい問題です。2社セーフと3社セーフでは全く違ってきます。大違いです。たかが1社の違いで大きくジャッジが変わってきます。間違いなく4社ならアウトです。消費者金融のネット申し込みのページに、申し込みブラックに注意なんて、書いてありませんからね。少しでも書いてあれば皆さん気が付くのが早くなると思います。

 

アコム・アイフル・プロミス・モビットは特に申し込みブラックに敏感に反応します。大手4社ですからね。危険牌は抱えたくないと言うのが本音です。中小の消費者金融であれば多少の危険牌であっても抱えてしまいます。

 

ここがアコムなどの大手と、新規顧客は、大手からのおさがりが殆どのっ中小消費者金融に取っては大手では貸さない客層にも貸します。しかし、申し込みブラックに関しては中小消費者金融も意外と敏感です。

中小消費者金融でも審査が門前払いされるケースは申し込みブラックの可能性が極めて高い

アコム申込ブラックリスト

もう中小消費者金融に行くまでに軽く5件以上は申し込みしている事が容易に想像できますから、先ず間違いなく審査否決、門前払いとなります。アコムと違って中小消費者金融は、申し込みブラックではなく、本当のブラック。金融事故を起こした人にもお金を貸しますから、そこで門前払いされると言う事は、申し込みブラックと思って間違いないでしょう。

 

アコムなどは、申し込みブラックは瞬殺されるそうです。申し込んで5分も経たない内に否決メールが届くそうです。洒落がきついですよね。かなり大手で落とされると危機感を募らせる人が多いです。そんなに危機感を持たなくても良いのですが、大手で落ちた・・・と焦ってしまうようです。大手が駄目なら中小と考えますが、申し込みブラックに関しては中小でもどうにもなりません。

 

申し込みブラックは時間が解決してくれます。その時間は半年です。仕事に打ち込んでいればあっという間に過ぎ去る時間です。

 

もう、申し込みブラックと分かったらどこに申し込んでも無駄ですから、半年間はおとなしくしていましょう。これが最善策です。これより上の特効薬はありません。時間が確実に解決してくれるのですから、半年間は我慢する事です。ここで我慢出来ないといつまで経ってもお金は借りる事ができません。

 

お金を借りたいのなら、半年間は我慢です。どうしても、早急にお金が必要なら、身内から借りるしかありません。金貸しではどうにもならない問題です。半年間過ぎないとどうにもならない問題です。申し込みブラックは意外と厄介な問題です。審査すれば間違いなく可決になる人でも、申し込みブラックの制約がかかっていると、どうにもなりません。門前払いされてしまいます。非常に勿体ないです。申し込みブラックに関しては。中身を見ないで、否決確定になります。

 

中身を見てもらえればアコムでもアイフルでも50万円の融資が確定の人でもこの申し込みブラックと言う制約があるとどうにもならないのです。折角、良い属性で、借り入れもなく、ほぼ完ぺきな状態で申し込みをしても、申し込みブラックだと完全にアウトです。本当に勿体ないです。一番お金を借りる上で勿体ないのは、申し込みブラックです。そんなに一度にたくさん申し込んだら駄目なのに気が付かない人が多いのです。

 

アコムなども新規顧客は欲しいですが申し込みブラックの人にお金を貸すほど甘くありません。

 

新規顧客は消費者金融の場合本当に運次第で、まとまって優良顧客からの申し込みがあると思えば、当落選上の人が連続で申し込んできたりと完全に運に左右されてしまいます。

 

当落選上の人は本当に難しいジャッジを迫られます。例えば、担当者によって、可決と否決に意見が分かれる事がよくあるそうです。このラインならOKと言う人と危ないNGと担当者によって結果が分かれます。

しかし、申し込みブラックの人は当落選上も何もありません

全く審査もしないで否決です。申し込みブラックの代償は意外と大きいです。最初の1回位は申し込みブラックをしてしまうのは致し方がないことです。しかし、2度目は流石に前回学習していますからないと思いますが、これが、よくあるのです。申し込みブラックと分かっていてもう審査に通らないと分かっている人が無差別に申し込んできます。

 

アコムなどは、2度も申し込みブラックの人が来たら、申し込みブラックの期間が明けても、融資はしない傾向にあるそうです。大手は意外とそういうところはシビアです。駄目なものは駄目と言う事は徹底しています。だからこそ、大手と言う盤石な地位に君臨し続けているわけです。大手も中小もそうですがとにかく申し込みブラックに対しては厳しい見方をします。

 

皆さんも申し込みブラックだけにはくれぐれもならないように注意して下さい。気が付いたら申し込みブラックだったという話はよくある事です。そうならないようにきちんと計画性を持ってお金は借りるようにしましょう。計画性がないから、申し込みブラックになってしまう訳です。しっかり計画性があれば申し込みブラックになる事はありません。

アコムが選ばれる5つの理由

アコムの新規申込数はなんと毎日約1400人!(アコムIRデータより)

アコム公式サイトへ

アコムスマホ申込

今すぐ借りるためには?

  • ネット申込から即日振込みも可能
  • ネット申込併用でむじんくん最短5分
  • むじんくん併設ATMで即日引出す
  • 無利息期間中の金利は残額分だけ